Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

Googleアシスタントのアンビエントモード、一部デバイスに提供開始

珍しく、Pixelはいまのところ対象外

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年11月27日, 午前06:00 in mobile
44シェア
6
38,"likes":13
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

9月のIFA 2019でGoogleが発表したGoogleアシスタントのアンビエントモードを発表しましたが、それがスマートフォン上でどのように動作するのか、詳細を説明する動画をYouTubeで公開しました。


アンビエントモードは、充電中のAndroidスマートフォンやタブレットをスマートディスプレイのように利用できるもの。AmazonのFireタブレットでは、Alexaをスマートディスプレイ的に使えるShow Modeがありますが、それのGoogleアシスタント版といった機能です。

Googleアシスタントを利用できるほか、スマートホームの操作やアラーム、天気、スケジュールの確認なども行えます。

残念ながらすべてのAndroid端末で利用できるわけでは無く、Android 8.1以降の特定デバイスのみ対応となります。Ars TechnicaのRon Amadeo氏によると、NokiaとXiaomi端末には先週配信が開始されており、SonyとTranssionというメーカーのデバイスには来週から展開が始まるとのこと。

IFAでの発表時には、これらの端末に加えLenovo Smart Tab M8 HD、Lenovo Yoga Smart Tabでも利用可能とされていました。

なお、この手の新機能はPixelデバイスにいち早く搭載されそうなものですが、アンビエントモードについては例外のようで、いまのところPixelはサポートされていません。ただ、近い内にサポート予定とのことなので、あまり長い間待つことはなさそうです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

44シェア
6
38,"likes":13
0

Sponsored Contents