Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

ファーウェイ、3000円台の無線LANルーター「WS5200」12月国内発売、2コアCPU搭載

Wi-Fi 6には非対応も、来年には対応製品を投入予定

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年11月27日, 午前11:02 in huawei
138シェア
24
114,"likes":32
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ファーウェイは、家庭用の無線LANルーター「HUAWEI WiFi WS5200」を12月4日に発売します。価格は3180円(税抜)で、Amazonや楽天の他に、ファーウェイPayPayモール店で販売します。

同社製の無線LANルーターとしては、既にモバイルWi-FiルーターやSIMを挿して使うホームルーターなどが販売されていますが、今回新たに発売するのはいわゆる一般的な家庭用Wi-Fiルータです。

最大の売りとなるのは、デュアルコアCPUを搭載しながらも安価な点です。HUAWEI Gigahome 800 MHzプロセッサーと128MBのメモリ(CPU内蔵)を搭載しており、データ伝送の効率化と安定性に貢献します。

また、2.4GHzと5GHz帯域をサポートし、802.11ac(Wi-Fi 5)に対応。設置場所に応じてユーザーのデバイスをより高速な周波数に自動接続します。性能は前世代の製品(海外版)と比較して、それぞれ60%と25%向上。シングルコアの製品と比較しても、2.4GHzと5GHzを同時接続する際のパーフォーマンスが40%向上したと言います。

huawei_WiFi_WS5200▲4つの可動式ハイパフォーマンスアンテナを搭載

4つの可動式ハイパフォーマンスアンテナに加え、障害物によるWi-Fi速度の低下を防ぐLDPCアルゴリズムを採用したことで、離れた場所や壁越しでも電波が届きやすいとします。また、特定の方向に強い電波を届けるビームフォーミング機能にも対応します。

huawei_WiFi_WS5200▲背面にはGEポートを備える

本体背面には、GE(ギガビットイーサネット)ポートを備え、100+Mbpsの帯域幅でブロードバンドインターネットにアクセスできます。

huawei_WiFi_WS5200
▲スマホから簡単に接続できる

ここ最近では、簡単接続できる製品が増えていますが、本製品も簡単接続できる機能を備えます。ルーターのSSID(ネットワーク名)に接続し、任意のWebサイトを閲覧すると、接続設定ページに自動で切り替わります。他にも、一部のファーウェイ製品を一元的に管理できるアプリ「HiLink」やWPSにも対応します。

アンテナを除くサイズは約205 x 120 x 36.8mm(L x W x H)、重さは約243gです。

なお、本製品は残念ながら、Wi-Fi 6には非対応ですが、同社は2020年を目処にWi-Fi 6に対応する製品を国内投入する予定です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: HiLink, home, huawei, wifi, wifi router, WPS, WS5200
138シェア
24
114,"likes":32
0

Sponsored Contents