Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

『フォードvsテスラ』ピックアップトラック対決、再戦は実現しない?比較すること自体が無意味との声

映画『フォードvsフェラーリ』は2020年1月10日公開(記事内容とは無関係)

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年11月27日, 午後05:20 in Transportation
22シェア
4
18,"likes":15
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


テスラは先週発表したEVピックアップトラック「Cybertruck」の性能を誇示するため、フォードF150を相手にした綱引きの動画を発表イベントで流し、さらにSNSでもそれを公開しました。ところがその動画はどうやらF-150の2WDモデルを使用しており、AWDかつEV特有の圧倒的なトルクを自慢するCybertruckとの綱引き自体が不公平で何もを証明していないと指摘する声が多数あがりました。

フォードのベンチャー企業インキュベーター、Ford XのバイスプレジデントSunny Madra氏は、この綱引き動画を見てイーロン・マスクCEOに対し「(あなたのために)ちゃんとした比較テストをやりたいからCybertruckを1台送ってくれないか」とメッセージ。マスクCEOもこれを快諾しています。

ただしフォードはといえば、F-150とCybertruckの綱引きをしたところで、それが何かを証明するわけではないとひややか。フォードのスポークスマンは「だれかの発言や行動に関係なく、常に良いトラックとサービスを提供することに集中してきました」と述べています。

仮に、公式非公式問わずF-150とCbertruckのリターンマッチが行われるとしても、おそらくは重量、出力ともにF-150 に勝るテスラのピックアップが勝つことは目に見えているといっても過言ではないかもしれません。

天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏も、マスクCEOが公開した綱引き動画に対して、重量が軽ければトラクションをかけてもタイヤが空転するだけだとツイートし、Cybertruckに比べ軽量でトラクションもかかりにくい2WD版のF-150は不利だとを説明しました。


ちなみにフォードは、2020年にはF-150のハイブリッド版を、さらに数年後にはフルEV版を出す予定です。完全な比較はもしかしたら条件の近いフルEV版F-150が登場してからにするほうがフェアなのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

22シェア
4
18,"likes":15
0

Sponsored Contents