Sponsored Contents

Adobeの最新記事

Image credit:
Save

「Adobe MAX Japan 2019」基調講演レポート。PhotoshopやIllustratorなどの新機能総ざらい

Adobe Captureアプリのアップデートも紹介されました

井上晃(AKIRA INOUE)
2019年12月3日, 午後05:30 in Adobe
85シェア
14
71,"likes":71
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
12月3日、アドビはパシフィコ横浜にてクリエーター向けのカンファレンス「Adobe MAX Japan 2019」を開催しました。

Gallery: Adobe MAX Japan 2019 | 26 Photos

26

基調講演には、アドビシステムズ日本法人代表取締役のJim McCready氏が登壇。約20年前にInDesignが開発された当時から、日本がユニークなマーケットであったと強調します。また、最近はデザイナーやアーティストを描いた作品「左利きのエレン」や、アニメ化が決まった人気漫画「映像研には手を出すな!」とのコラボについても紹介し、日本におけるクリエイティビティツールの注目度が高まっていることも触れました。

ITコンシェルジュ
▲Jim McCready氏

続いて、アドビの最高製品責任者であるスコット・ベルスキー氏が登壇。製品担当者のライブデモを交えながら、各製品のアップデートについて紹介。クリエイティビティの足枷となるのは、勉強や制作作業にかかる時間であると述べ、こうした時間の節約が製品のアップデートにおいても最優先事項となっているとアピールします。

ITコンシェルジュ
▲スコット・ベルスキー氏

最初に紹介したのは、「Adobe Creative Cloud」のアップデート。画面レイアウトが大きく変わったことや、パブリックライブラリから無償で素材が提供されており豊富なアイコンを活用できることを取り上げました。

ITコンシェルジュ
▲Adobe Creative Cloudの新しい画面から素材を選ぶ様子

デスクトップ版のPhotoshopについては、ワープ機能が強化されたことや、オブジェクト選択ツール、クイック操作の「背景を削除」を紹介しました。

ITコンシェルジュ
▲Photoshopの強化されたワープ機能

ITコンシェルジュ
▲Photoshopの「オブジェクト選択(被写体選択)」機能。Shiftキーを押しながら複数選択もできます

ITコンシェルジュ
▲Photoshopの「クイック操作」>「背景を削除」を使えば、ワンクリックで切り抜きが完了

Illustratorでは、数万のパスで構成されているデータでも、遅延なく拡大縮小できるパフォーマンスの良さを強調。バックグラウンドでの保存や書き出しに対応したことや、オブジェクトメニューにある「パスの単純化」機能についてもアピールされました。

ITコンシェルジュ
▲Illustratorのパスの単純化。Adobe Senseiの恩恵だ

なお、Illustratorと相性の良いモバイルアプリ「Adobe Capture」についても説明が行われました。また、最新のバージョン6.0からカラーのシェイプを作成できる新機能の搭載も発表されています。

ITコンシェルジュ
▲Captureアプリの最新バージョン(Ver. 6.0)からの新機能で、カラーのシェイプの作成が可能に

iPad版Photoshopについては、タッチディスプレイ向けに最適化したUXについて解説。画面上端を左右にスワイプすることで拡大縮小が行えたり、タッチショートカットによって非表示の操作ができたりすることも紹介されました。

ITコンシェルジュ
▲iPad版Photoshop、上端を左右スワイプで拡大縮小、ダブルタップで画面サイズに調整できる

ITコンシェルジュ
▲iPad版Photoshopでは、タッチショートカット(白いボタン)を駆使してオブジェクトの複製などが行える

また、開発中のビルドでは、「オブジェクト選択(被写体選択)」や、髪の毛などの切り抜きが難しい部分を調整できる「境界線ツール」が追加されていることも説明されています。

ITコンシェルジュ
▲iPad版Photoshopに今後追加される予定の機能について

Adobe Frescoのデモでは、日本市場から具体的なリクエストを受けたというブラシを披露。富士山を背景に、手前に森が広がる絵が描かれました。

ITコンシェルジュ
▲Frescoのデモでは日本向けに開発したという複数のブラシが使われました

iPad版Illustratorのプレビューについては、ペンツールを再設計して、Apple Pencilで正確に描画できるよう最適化したことを強調。アナログツールで描いた線をカメラで取り込んで、Adobe Senseiが自動でトレースしてくれる機能や、リピート機能について語られています。また、iPadから多くのフォントデータにアクセスでき、タイポグラフィーの制作が行えることも強調されていました。

ITコンシェルジュ
▲iPad版Illustrator(プレビュー)。Adobe Senseiによる自動トレースが披露されました

ITコンシェルジュ
▲iPad版Illustrator、テキストからメニューを開いて編集操作が行えます

ITコンシェルジュ
▲iPad版Illustrator、線対称にリピートした図形は片方に変更を加えると、もう片方にもその編集内容が反映される仕組み

ITコンシェルジュ
▲iPad版Illustrator、こちらもオブジェクトに加えた変更は複製した全体に反映される

Adobe XDについては、2年前に発表してから150近くの新機能が追加されている点や、クラウド上でも動作が軽いことがアピールされました。加えて、多くの部品をまとめて管理できるデザインシステム「Spectrum」への連携や、マスターコンポーネントとインスタンスを用いた効率化についての解説も行われています。

ITコンシェルジュ
▲デザインシステムの「Spectrum」

ITコンシェルジュ
▲Adobe XDでは、マスターコンポーネント(左上の四角)に変更を加えると、インスタンス(右に並ぶ画面内に配置したパーツ)全てに変更が反映されます。インスタンス側に対して上書き編集も可能

またアートボードを複数作成せずに「ステート」からボタンやホバーなどの動きを再現できることや、クラウド上で共有メンバーを招待し、単一ファイルを同時に編集できる機能についても解説されました。

ITコンシェルジュ
▲Adobe XDでは、もうこういうグシャグシャとはおさらば

動画編集ツールに関しては、Premiere Proでターミネーターが制作されたことが挙げられ、フリーフォームビューで数百から数千の素材を見やすく管理できることが紹介されています。横長動画を縦長に再編集するときに便利な「オートリフレーム」機能にも触れられ、Adobe Senseiが自動でパンをする仕組みについても解説されました。

ITコンシェルジュ
▲Premiere Proのフリーフォームビュー。マウスオーバーでプレビューも確認できる

ITコンシェルジュ
▲Premiere Proで横長素材をスマートフォン向けに調整するにはオートリフレーム機能が便利

スマートフォン向けのPremiere Rushについては、リリース後に要望が多かった「速度変更」機能が追加されていることや、新たにTikTokへの共有も行えるようなりました。

ITコンシェルジュ
▲Premiere Rushは、豊富なモーショングラフィックテンプレートが使える。集中線など、日本向けの素材も追加されています

イマーシブコンテンツの制作ツールについては、新たにアドビファミリーに加わった「Substance」が3DのPhotoshopとも言われるような存在で、どういう機能を持つのかがビデオで紹介されました。

ITコンシェルジュ
▲「Substance」について

ITコンシェルジュ
▲Adobe Aeroで鳥を飛ばす

また、Aeroを用いることでPhotoshopで作成したPSDデータなどをAR空間に配置できるように。オブジェクトに動きを追加できる様子のデモが実施されました。これによれば、360度画像をAR空間に配置し、その内側に入り込むようにしてVRのような表現が行えるとのこと。

ITコンシェルジュ
▲Photoshop Cameraのデモ

Photoshop Cameraについては、Photoshop Expressのフィルターなどが使えることが紹介されています。レンズ機能によってリアルタイムに画像の背景などを合成できること、レンズ自体をPSDファイルからオリジナルで作成できることが解説されました。

基本的には11月にロサンゼルスで開催された「Adobe MAX 2019」のおさらいとなりましたが、Adobe Captureのアップデートなど新情報もちらっと混ざっていました。それぞれの製品の具体的なアップデートに関しては、既報で紹介しているものも多いので改めてご確認ください。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

85シェア
14
71,"likes":71
0

Sponsored Contents