Sponsored Contents

note pcの最新記事

Image credit:
Save

HPノートもついに4K有機ELとLTEを搭載。個人向け高級ノートPC3種を発売

パームレスト部に天然木を纏ったモデルも

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年12月4日, 午後08:00 in note pc
54シェア
9
45,"likes":34
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

大手PCメーカーの日本HPが、個人向け高級ノートPCの新世代モデルとして『Spectre x360 13』と『ENVY x360 13 Wood Edition』『ENVY x360 15 Wood Edition』の3シリーズを発表しました。
販売開始(Web直販の受付開始)日は全モデルで12月4日から。Web直販モデルの価格はそれぞれ、13万9800円から、9万2800円から、12万2800円からとなります。

Spectre x360 13の特徴は、4辺ナローベゼル化などにより、現行モデル比で底面積を13%減少させた点。日本HP側は「世界最小13インチコンバーチブルノートPC」とアピールします。またヘビーユーザー待望の、4K・HDR有機ELディスプレイモデルやSIMフリーLTE通信対応モデルもラインアップに加わり、CPUはインテルのIce Lakeに強化されました(ただし有機EL+LTEの全部入りモデルは用意されません)。

ENVY x360の2シリーズに関しては、基本仕様は現行モデルと同一ながら(15インチは「インテルCPU搭載版のほう」です)、タッチパッドとパームレスト部に天然木材(ウォールナット)を採用したのが特徴。本体外装はアルミニウム合金ですが、手に触れる箇所において天然木材の見栄えと手触りが楽しめます。


HP 2019 Consumer NotePC
▲本日発表された新モデルの一覧。「CPUやRAM、ストレージを強化した上位モデルでも極端な高価にならない」というHP製ノートPCの大きな特徴も引き継がれています

HP 2019 Consumer NotePC
▲ENVY x360 13 Wood Edition。パームレスト部は天然木材のため、模様などは1台ごとに微妙に異なります

HP 2019 Consumer NotePC

HP 2019 Consumer NotePC
▲Spectre x360新モデルのベゼルは現行機と比べて大幅に狭く。とくに360度ヒンジモデルとはいえ目立っていた底面側は大きく削減されています

HP 2019 Consumer NotePC
▲発表会では高さ2.2mmと薄いカメラモジュールユニットも展示。「ライバルとなるデルのXPS 13よりも0.2mmほど高さが低い」とのコメントも

Spectre x360 13は、13.3インチ画面搭載の360度回転ヒンジ搭載モバイルノートPC。現行モデルと比べた最大の特徴は、本体サイズ(底面積)の大幅なコンパクト化です。とくに奥行きはディスプレイパネルのナローベゼル化や顔認証カメラの薄型化などにより、現行モデルに比べて22.5mmと大幅短縮。画面占有率も90%にまで広がっています。

HP 2019 Consumer NotePC
▲Spectre x360 13を現行モデル(左)と比較。こうして見ると、一回りと言って良いほどサイズ感の違いがあります

本体サイズは、約307×194.5×16-18.5mm(幅×奥行き×厚さ)、重量は構成によって変わり、約1.22kgから約1.25kgまで(なお有機ELモデルが軽量となります)。

またディスプレイの表面処理には、新たに「アンチリフレクションコーティング」を採用。光沢処理を保ちつつも、目障りな周囲の反射を効果的に低減した点を謳います。

HP 2019 Consumer NotePC

心臓部となるCPUには、インテルの第10世代Core iシリーズのうち『Ice Lake』のほうを搭載。グラフィックス重視モデルだけあり、HP側は現行機種に比べて最高2倍の性能(3DMark 11での測定)とアピール。発熱の増加に対しては、現行モデルから継承されたデュアルファンに加え、ヒートパイプの増加などで対応しています。

HP 2019 Consumer NotePC
▲Thunderbolt 3(兼USB Type-C)端子は2基。斜め奥に配置された側は電源ケーブルの接続に便利です

なお、現行モデルでのデザイン上の特徴でもあった、奥側の角に斜めカットで配置された電源ボタンとThunderbolt 3(兼USB Type-C)端子などは今回も継承。カラーリングも現行モデルと同じく「ポセイドンブルー」と「アッシュブラック」の2種となります。


HP 2019 Consumer NotePC

HP 2019 Consumer NotePC

注目モデルとなるLTE搭載『WWANモデル』は、19万9800円から。LTEモデムにはインテル製XMM 7560を搭載し、本体左側面にナノSIMスロットを備えます。
ディスプレイはフルHD液晶、CPUはCore i7-1065G7、RAMは16GB、ストレージはNVMe SSD1TB+Optane H10など、画面を除けば最上位となる構成。バッテリー駆動時間が公称22時間と長い点(これはフルHD液晶モデルで共通)もポイントです。

HP 2019 Consumer NotePC
▲有機ELモデルは、カラープロファイルをDCI-P3やAdobe RGBなどから選択可能な仕様。HDR仕様『Windows HD Color』もゲームなどを含めたフル対応です


もう一つの注目モデルとなる有機EL(OLED)モデル『パフォーマンスプラス』は、19万4800円から。
ディスプレイは4K・HDR有機EL、CPUはCore i7-1065G7、RAMは16GB、ストレージはNVMe SSD1TB+Optane H10など、LTEモデルと同じく最上位構成。ただしバッテリー駆動時間は公称で10時間と、相応以上に短くなります。

またSpectreシリーズらしく、性能強化に対する価格上乗せがライバルに対して少ないのも特徴。たとえば、CPUやストレージが同一でフルHD液晶パネルの『パフォーマンスモデル』に対しての価格差――いわば有機ELプレミア――は2万円しかありません。

HP 2019 Consumer NotePC
▲ENVY x360 15 Wood Edition。360度回転ヒンジモデルとしては珍しい15インチの大画面もポイントです


ENVY x360 Wood Editionの2モデルは、現行のベースモデルである『ENVY x360 13』と『ENVY x360 15(インテル)』のバリエーションモデルとなる位置づけの製品。それぞれ13.3インチフルHD液晶と15.4インチフルHD液晶を搭載する、360度回転ヒンジ搭載ノートPCです。

本体カラーは現行と同じ「ナイトフォールブラック」を採用しながら、パームレスト部には天然ウォールナット(くるみの木)を貼り付けたことで、画面を開いた際の印象を大きく変えています。

またタッチパッドとパームレストの手触りも、金属から天然木へと変更されたことで大きく印象を変えたものに。なお表面には汚れや湿度による劣化や紫外線による退色を防ぐナノコーティングを施しており、HP側は耐久性の高さもアピールしています。
合わせて、ベースモデルとの価格差が非常に少ないのもポイント。一部構成ではベースモデルより安価となります。

HP 2019 Consumer NotePC
▲天然木部分のテクスチャはこのような感じ。天然素材だけあり、1台(1枚)ごとに模様などが異なるのもポイントです

13インチモデルはベースモデルと同じく、CPUに第2世代AMD Ryzen APUを採用している点もポイント。最上位モデルの構成ではRyzen 7 3700U+RAM 16GB+NVMe SSD 512GBで12万4800円からというコストパフォーマンスの高さも魅力です。

15インチモデルは、インテルの第10世代Coreのうち『Comet Lake』のほうを搭載するモデル。15インチ360度回転ヒンジモデルとしては比較的軽量な約1.98kgの本体重量と17mmの厚さや、長時間のバッテリー駆動時間(公称で最大13時間)、15インチ機では意外と少ないRAM 16GBモデルの用意など、充実した基本性能が売りのモデルです。

HP 2019 Consumer NotePC

また合わせて、『ENVY x360 13』にはセラミックホワイト仕上げのモデルも加わりました。こちらはカラーリング以外、ベースモデルと同一仕様・同一価格という位置づけ。セラミックホワイト仕上げで先行した上位モデル『Spectre 13』と同じく、AED(アニオン電着塗装)による汚れへの強さや、きめ細やかなテクスチャーがポイントです。

今回のHPノートPC新製品群は、SpectreとENVYそれぞれで、固定的なデザインを採用したモデルを投入するという戦略となりました。とくに本体設計を一新し小型化を果たしたSpectre x360 13は、有機ELモデルやLTEモデルの登場と相まって、年末の高級ノートPC商戦における柱の一つとなりそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

54シェア
9
45,"likes":34
0

Sponsored Contents