Sponsored Contents

bestbuy2019の最新記事

Image credit:
Save

動画を見続けも速度制限ナシで使い放題!「どんなときもWiFi」はモバイルルータの神機|ベストバイ2019

MVNO2つも解約し、契約もすっきりしました

Nobuyoshi Kodera
2019年12月11日, 午後04:00 in Bestbuy2019
155シェア
29
126,"likes":179
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
故合って筆者は現在、宮崎県宮崎市に1年だけの仮住まいをしているのですが、テンポラリ的な暮らしということもあり、わざわざアパートの一室に1年限りの光ファイバーをひくという選択肢はありません。

4Gの据え置き型ルータで凌ごうと、auの「スマートポート」を契約したのですが、こちらはWiMAX2+でもお馴染み、「3日で10GBの壁」が存在します。大量に写真と動画を撮ってクラウドに同期して...などとやっていると、3日どころか小一時間で10GBを消費する始末で、1週間ほどでまったく身動き取れなくなりました。

そんな愚痴を書き込んだのがひっかかったのか、facebookのターゲティング公告で「どんなときもWiFi」が表示されまして、調べてみるとこれがなかなか良さそうです。さっそく契約して使ってみると快調だったので皆さんにもご紹介します。上記画像はどんなときもWiFiの専用端末「D1」。月額3480円(税抜)で利用できます。
■関連リンク
どんなときもWiFi製品サイト
■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/

モバイルルータは、キャリア回線を使ってWi-Fiを吹く装置ですが、ほとんどはキャリアが提供するタイプか、SIMカードを入れて使用するタイプになっています。一方「どんなときもWiFi」はどのキャリアとも契約しないのですが、3キャリア全部の回線が使えるという不思議な仕組みになっています。

その秘密は、クラウドSIMという技術。サーバ上にあるSIMカード情報を自動適用させることで、使用現場で一番有利なキャリアに繋がります。とはいえ本体にはディスプレイもなにもないので、今どこのキャリアを掴んでいるのかはわかりません。おそらくau回線にも繋がっているはずですが、3日で10GB、あるいは1か月30GBといった縛りはありません。

速度的には、ここ宮崎市内でも夜間で20Mbpsぐらい。6月に契約して現在まで、モバイルどころか部屋のメイン回線として使っていますが、ストリーミングでの音楽・動画サービスも問題なく使えています。

さらに、「どんなときもWiFi」は「無制限の使い放題」と銘打っており。サイトのQAページでは速度制限について、「不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。(中略)例えば、『長時間ゲームをする・動画を見続ける』といったご利用では制限がかかることはございません。」と記載しています。

これまで筆者のスマホは、月に20GBというプランを契約していたのですが、これを期に従量制プランに乗り換えました。設定で「モバイルデータ通信」をOFFにしておき、WiFiだけ利用すれば、最安の利用料となります。最低ステップは1GBですが、今月はもう20日も過ぎようというのに、まだ910MBも余っています。


Engadget
▲キャリアのデータはほぼ未使用。

モバイルデータ通信がOFFでも、キャリア通話は普通に可能です。とはいえ昨今多くの方がそうだと思いますが、通話のメインはLINEになってきておりますので、Wi-Fiさえあれば困る事は少なくなりました。

本ルータは、蓋を開ければハードウェアのSIMも挿せるようになっています。国内でSIMを使うメリットはほぼありませんが、海外では現地SIMを調達して使うこともできます。加えてアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米の場合は、申請なし・SIM購入なしで現地キャリアに繋げることもできます。そのあたりもクラウドSIMのメリットかと。1日1280円で、1日の通信料は1GBまで。それを超過すると、384kbpsに速度制限がかかります。

Engadget▲フタを開けるとSIMも挿せる。

価格的にはキャリアのテザリングのほうが安いと言えば安いのですが、従量制プランとなった今では、1日の料金固定で利用できるのはありがたいところです。データ使用超過を防ぐ機能もあるので、こうした設定を上手く使って行きたい所存です。

一方デメリットと言えば、同時接続数が5台までですので、スマホやPCのほか、スマートスピーカーやらなにやらを繋いでいると、すぐに埋まってしまいます。このあたりはあくまでもモバイル用ですので、致し方ないところ。

また本体が2年縛りのレンタルですので、その間バッテリー劣化や水没などで本体交換が必要になった場合、1万8000円(税抜)を払って新品ルータを購入しなければならないのはキビシイところ。とはいえ大事に使えば2年ぐらいは保ちそうですし、2021年には5Gの時代になっているでしょうから、タイミング的にはちょうどいいとも言えます。

個人的には毎月の通信容量でヒイヒイ言う必要がなくなり、ストレスも大幅に減りました。予備回線として確保していたMVNO2つも解約し、契約もすっきりしました。無駄な回線の断捨離を進めるという意味でも、お勧めです。

■関連リンク
どんなときもWiFi製品サイト
■Engadgetベストバイ2019
Engadget
Engadgetのライター陣が2019年にベストだと思ったスマホやカメラ、デジタルガジェットを一挙紹介するベストバイ企画を展開中です。年末年始のお買い物の参考にドウゾ!ベストバイ記事の一覧は下記のリンクからご覧いただけます。
https://japanese.engadget.com/latest-reviews/


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: bestbuy2019, mobile, MobileRouter, wifi
155シェア
29
126,"likes":179
0

Sponsored Contents