Sponsored Contents

bagの最新記事

Image credit:
Save

iPad Pro 12.9型「2枚用」の超薄型リュック、絵師 寺田克也プロデュースで発売

「寺田好み」の薄型背嚢

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年12月17日, 午後07:45 in Bag
179シェア
18
161,"likes":205
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


iPad Pro 12.9インチを2枚並べて見開きで描いていることで知られる漫画家・イラストレーターの寺田克也氏が、自身のプロデュースするうつわブランド「寺田器」から、 iPad Pro を2枚収納できる薄型リュック「背負式寺田器13インチ」を発表しました。

寺田氏本人によれば「とかくヒトは荷物を増やしすぎる傾向があるので腰にも悪い」ということで、寺田流に iPad Pro 12.9インチ2枚とアクセサリ類をスタイリッシュに、安全に持ち運ぶことに最適化した製品です。

もちろん普通の人にとっても iPadと書類や、13インチ級のラップトップにも使える、よろずガジェット対応かつ流行りの超薄型バックパックでもあります。背負いではアクセスがもたつく小物のために、前にかけられるサコッシュ(布バッグ)も付属。
Terada Katsuya

寺田克也といえば、さまざまなイラストレーションやキャラクターデザイン、漫画で知られる、当世の日本を代表する絵描きのひとり。

メビウスなどバンドデシネに強い影響を受けつつ独自の境地を開いた画風から、荒木飛呂彦や谷口ジローとともに「ルーブル美術館BDプロジェクト」に選ばれたことでも話題になりました。

ネットの普及でプロ・アマ問わず、フォーマットも自由に発信できる場が増えたためか、最近はイラストレーターや漫画描きを総称して「絵師」と呼ぶ風潮が、特にソーシャルメディアで強くなっていますが、国内外での個展開催などアーティスト傾向の強い寺田氏はまさに「絵師」、むしろ「画狂」のイメージがあります。

Terada Katsuya

その寺田克也氏がプロデュースする「寺田器」(テラダキ)は、イラストをあしらった波佐見焼のうつわブランド。でしたが、今回はうつわを広く解釈して突然リュックになりました。


Terada KatsuyaTerada Katsuya

iPad Pro の大きい方を2枚同時に持ち運びたいニーズを強く感じているユーザーが日本に、いや世界にどれだけいるのかはさておき、iPad Pro 12.9インチに限らず13インチクラスまでの薄型ノートやタブレット、雑誌等を収納しつつできるだけ身軽に、薄くを志向したデジタルツール対応リュックでもあります。

サコッシュや各部に直筆イラストや「寺田器」のロゴがあるほか、間仕切りや緩衝材として付属する樹脂板にはザ寺田克也なイラストがあしらわれています。

Terada Katsuya

寺田氏本人のコメント(抜粋)は:

(...) オレが考えたのは、今メインのマイ仕事ツールであるiPadPro13インチを2枚ほど突っ込んで軽く出かけられるカバン、というもので、勿論iPadじゃないとダメってことじゃなくて、とにかく限りなく薄いリュックがいいんじゃないのか、って事だったわけです。13インチのノートブックもオッケーだ。

大容量のリュックが便利なのは間違いないけど、とかくヒトは荷物を増やしすぎる傾向があるので腰にも悪い。なので薄い、とても薄いリュックがエレガントな寺田器からのご提案なのではないかと、そう考えた次第でございます。


背負式寺田器13インチ[サコッシュ付き]は税込2万9700円。12月18日まで事前予約を受け付けています。

寺田克也/背負式寺田器13インチ [サコッシュ付き]

以上、アップルがもっとでかい iPad Pro を出してくれるまでしつこく声を上げよう一人キャンペーンの周辺情報としてお伝えしました。実際に19インチが出ても運びづらいことを思えば、折りたたみディスプレイが成熟して当たり前に普及してからの話かもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: bag, ipad, ipad pro, ipadpro, mhz, teradakatsuya
179シェア
18
161,"likes":205
0

Sponsored Contents