2020年もあとわずか。そこで今回は、今年Engadgetで掲載したキャッシュレス決済に関する記事の中から、特に多くの人に読まれた記事をピックアップしてみました。9位から1位までのカウントダウン形式でご紹介します。

9位
「モバイルPASMO」3月18日サービス開始。モバイルSuicaと共存可能(更新)

首都圏の私鉄・地下鉄・バス各社が加盟するPASMO協議会は、3月18日に「モバイル PASMO」のサービスを開始します。おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンにて、交通系 IC カード「PASMO(パスモ)」 の機能が利用できるようになります。アプリは3月18日10時頃より、Google Playにて配信されます(つづきを読む

engadget



8位
dポイント5周年、500円付与キャンペーンが12月1日開始

NTTドコモは、dポイントの5周年を記念したキャンペーン「d ポイントスーパー チャンスあり 5 とう祭(ありごとうまつり)」を12月1日から1月11日まで開催します(つづきを読む

engadget


7位
経産省、「キャッシュレス・ポイント還元」の終了を案内

経済産業省は、昨年10月1日から実施している「キャッシュレス・ポイント還元事業」について、予定通り6月30日での終了を案内しています。「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、消費増税による景気へのダメージを和らげる目的で導入されたもの。あわせて、諸外国に比べて低い日本のキャッシュレス比率を引き上げる狙いもあります(つづきを読む

engadget



6位
au PAYユーザーなら無料で使える公衆Wi-FiをKDDIが提供

au PAY」が新たな20%還元キャンペーンを実施します。付与上限は最大7万円相当と、初期の「PayPay祭り」に迫る規模。期間は2月10日〜3月29日となります(つづきを読む

engadget



5位
速報:au PAYが大規模20%還元、付与上限7万円 2月10日から

au PAY」が新たな20%還元キャンペーンを実施します。付与上限は最大7万円相当と、初期の「PayPay祭り」に迫る規模。期間は2月10日〜3月29日となります(つづきを読む

engadget


4位
PayPay、抽選で全額還元 11月14日と15日に大規模キャンペーン

決済サービスの「PayPay」は、11月14日、15日の2日間に大規模な還元キャンペーン「超PayPay祭!フィナーレジャンボ」を開催します。

期間中、全国の対象店舗および対象のオンライン加盟店でPayPayを利用した人に対して、3回に1回の確率で決済金額の2%~100%を還元します。対象の支払い方法は実店舗の場合が、PayPay残高、ヤフーカード、PayPayあと払い(一括のみ)。オンライン加盟点の場合はPayPay残高のみです(つづきを読む

engadget


3位
PayPay「最大1000%還元」が始動、オンライン限定

PayPayの最大1000%還元キャンペーンが本日(6月1日)始まりました。期間は6月30日まで。今回は2つのキャンペーンが混在しておりわかりにくいのですが、ざっくり説明すると『対象店舗でPayPayのオンライン決済を利用すると10%が還元され、さらに抽選で運が良ければ決済金額の100%(全額)または1000%(10倍)が還元される』という内容です(つづきを読む

engadget


2位
dカードで総額1億円還元、1万円以上の決済が条件

NTTドコモは、1万円以上の買い物でクレジットカード「dカード」を使うと総額1億円を還元するキャンペーンを実施します。期間は8月8日〜9月30日まで。条件は、あらかじめキャンペーンサイトでエントリーを済ませて、dカードお得情報メールを「受信する」に設定し、期間中にdカードを使って合計1万円以上(税込)の買い物をすること(つづきを読む

1位
5分でわかる「マイナポイント」 SuicaやPayPayでも5000円付与

「マイナポイント」は、キャッシュレス決済手段とマイナンバーを紐付けることで、決済またはチャージ額の25%(上限5000円)を還元するキャンペーンです。総務省が主導し、キャッシュレスやマイナンバーの利用促進、消費増税や新型コロナウイルスで落ち込んだ経済を活性化させる狙いがあります(つづきを読む

関連
今年読まれた「キャッシュレス」の記事はどれ? 9位から1位までを振り返り(2019年編)