Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

体温で発電する充電いらずの活動量計「MOTHER」、今夏発売

体温発電スマートウォッチのMATRIXと共同開発

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年1月9日, 午後09:00 in wearables
2シェア
1
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

健康管理支援サービスを「Re.Ra.Ku」などのブランドで全国に284店舗展開する株式会社メディロムが、体温で発電するスマートウォッチを手掛けるMATRIXと共同でアクティビティトラッカー「MOTHER」を開発、今夏発売すると発表しました。


最大の特徴は、MATRIX PowerWatchシリーズと同じく体温と外気温の差で発電し、充電作業が不要な点です。また、MATRIX PowerWatch 2と同じく、太陽光発電にも対応しているので、体温と外気温の差が少ない夏場でも安定した充電を期待できます。

これにより、充電のために腕から外す必要がなく、24時間365日のトラッキングが可能となります。充電のために取り外して、そのまま身に着けるのを忘れてしまったということもなくなりそうです。

MEDIROM Mother
機能としては、歩数等のアクティビティ計測のほか、測定した皮膚の発熱量による正確な消費カロリーの計測も可能とのこと。睡眠ログの計測や心拍数の測定にも対応します。

ただ、防水性能が生活防水までとのことで、結局入浴時には外さなければいけなくなりそうです。このあたり、ぜひ発売までに完全防水に対応して欲しいところです。

また、ヘルスケア事業者に対してはSDKを公開し、MOTHERで取得したデータを各社のサービスに直接取り込めるようにするとのこと。これにより、介護分野やフィットネス事業者、公共交通機関をはじめとする健康情報を必要としている事業者、そして健康関連産業などの発展に寄与できると考えているとのことです。

もちろんユーザーの同意の上でのことになるはずですが、利用者側としても、1つのデバイスのデータが様々なサービスで利用できるというメリットが得られるかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

2シェア
1
1,"likes":0
0

Sponsored Contents