Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

MacBookシリーズに速度向上、省電力無効の「プロモード」が追加?macOS最新ベータから手がかり

いわゆるリミッター解除

Kiyoshi Tane
2020年1月14日, 午前11:30 in apple
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

新規設計の16インチMacBook Proや新型Mac Proも発売され、アップルがプロユース市場にますます注力している傾向が指摘されています。

そんななか、同社がプロフェッショナル向けのワークフローをさらに改善するmacOSの新機能に取り組んでいる手がかりが発見されました。

米アップル関連情報サイト9to5Macによると、最新のmacOS Catalina 10.15.3ベータには、ユーザーがオンとオフを切り替えられる「Pro Mode(プロモード)」への言及が含まれているとのことです。

同サイトが抽出した文字列には、プロモードが有効になっている場合は「アプリ速度は向上しますが、バッテリー持続時間が短くなり、ファンノイズが増加する可能性があります」および「ファンの速度制限が上書きされます」との記載が確認できます。

これらの記述はmacOSの電力管理システムに直結していることから、おそらく省電力のための制限を無視することで、一時的なパフォーマンス向上を引き出していると考えられます。その際には温度の上昇も予想されるため、それを回避すべく内部ファンもより高速で回るというしくみ。そしておやすみモードと同様に、プロモードも翌日には自動的に無効になるとのことです。

実際にプロモードが利用できるかどうかは未確認ですが、9to5MacはMacBookシリーズ専用の機能であると推測しています。さらにその他の手がかりが、16インチMacBook Proで導入された新たな熱設計を備えたモデルでのみ機能すると示唆していると述べられています。

今後出てくるであろう新規設計のMacBookといえば、16インチモデルと同じシザー式キーボードを備えた13インチMacBook Proが噂されています。macOSのプロモードも、その発表と同時にリリースされるのかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 9to5Mac
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents