Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

未だ19%シェアの「Windows 7」1月14日にサポート終了、法人向け有償サポートは2023年まで提供予定

約11年間おつかれさまでした

田沢梓門, @samebbq
2020年1月14日, 午後04:15 in microsoft
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

2009年1月9日にβ版が一般公開された「Windows 7」は、およそ11年経過した本日2020年1月14日をもってサポートが終了します。

サポート終了後もWindows 7搭載PC自体は使用できますが、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、マルウェアへの感染やフィッシング詐欺、情報漏えいといったリスクが高まります。

日本マイクロソフトによると、現在稼働中のPC OSシェアは2019年12月時点で、Windows 10が68%、Windows 7が19%と、引き続き多くのWindows 7を搭載したPCが稼働しています。

ビジネスでも使用する企業のために、Windows 7の延長サポートプログラム「Windows 7 Extended Security Update(ESU)」を個人事業主も含むすべての規模の企業向けに2023年まで提供予定です。

Windows 7やOffice 365のセキュリティアップデートや重要な更新を、OS自体のサポートが切れた後も有償で提供するというプログラムとなっています。導入するPC1台ごとに加入が必要となり、提供価格は毎年上昇する仕組みです。

対象となるOSはWindows 7 ProfessionalおよびWindows 7 Enterprise。個人ユーザー向けのWindows 7 Home Basic/Home Premiumでは加入できません。

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: microsoft, os, software, support, windows7
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents