Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

NASCARとFox、中止レース代替のバーチャルレースが「最も視聴されたeSports番組」に。視聴者90万人超

今後も中止レースのかわりに開催決定

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年3月25日, 午後09:55 in Gaming
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


米国の人気ストックカーレースNASCARが3月22日、新型コロナウイルスの影響で中止になったレースをeSportsで代替する「FOX NASCAR iRACING」を開催、レース中継を担当するFox Sportsで放送しました。この放送はこれまでにテレビ中継されたあらゆるeSportsのなかでもっとも高い視聴者数をたたき出しています。

「FOX NASCAR iRACING」は、実際のNASCARシリーズに参戦するドライバーがリモートで出場しており、実際のレースと同じ実況解説陣が盛り上げる格好で、実際のレースと同じに見えるように放送されました。

NASCAR/NASCAR/Fox/YouTube

テレビ局の制作によるこの番組はiRacingを使ったリアルなマシンの挙動もあり、ぱっと見では現実のレースかと見紛う出来になりました。そして、視聴者数は90万3000人に膨れ上がり、Fox Sportsはこれまでで最も視聴されたeSports番組になったと述べています。

YouTubeやTwitchでのライブ配信ではなかった配信ではなくテレビ番組として放送されたため、レースの模様は番組の視聴者しかわからなかったものの、記事執筆時点ではNASCAR公式のYouTubeチャンネルですべて視聴可能になっています。途中、無音になる部分があるのは番組がCM中のため。

レース中には大クラッシュなども発生したものの、それがバーチャルの世界であることから、実況陣もむしろ楽しみながらの中継に終始しています。時折挿入されるドライバーたちのにこやかな表情や、使用しているシミュレーター環境の違いなども、視聴者には興味深いものだったようです。リアルレースでないのを良いことに、ステアリングを手放してトイレ中座するドライバーも出るなど、適度な笑いも。

NASCAR/YouTube

Fox Sportsはパイロット放送的な位置づけだった今回のeSportsレースの成功を受け、3月29日以降のキャンセルされたレースも代替eSportsとして中継することを明らかにしました。


NASCARとFoxによる中継は、デニー・ハムリン選手らNASCARのトップドライバーが参戦したこともあり、新型コロナウイルスのせいでなかなか開幕しないモータースポーツ(NASCARは当初無観客レースもやっていましたが)の"ロス"に困るファンたちのニーズにうまく応えるものとなっているようです。先週末にはF1バーレーンGPの中止を受けてのeSportsレースもいくつか行われていました。

今週末にはもう一つの米国の人気シリーズ、インディカーもeSportsイベントを予定しており、こちらも注目を集めるかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents