Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

「画面を見なくてOK」ドコモが新感覚の音声ナビ、建物を目印に案内

「山王スーパーが見える方向に進みます」

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年3月26日, 午後01:40 in docomo
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


NTTドコモは、AIエージェント「my daiz」において、移動中に見える建物などの目印に沿って日本語で音声案内する新機能「新感覚ナビ」を公開しました。

「新感覚ナビ」は、全国約3800万件の建物情報とナビゲーションエンジンを有する、地図業界の国内最大手ゼンリングループと連携し、移動中に見える建物などの目印に沿った案内情報を生成します。

さらに、その情報を my daiz のプラットフォームで音声に変換することで、適切なタイミングで道案内できる、というものです。

目的地の設定も簡単で、my daiz の対話機能を使い、『ここから溜池水族館まで案内して』『近くのカフェに行きたい』などと行きたい場所を話しかけると、my daiz が目的地までのルートを検索し、距離や所要時間を案内します。

対応する移動手段は徒歩と車の2種類。電車ルートを選択した場合は乗換案内が表示され、新感覚ナビによる案内は行いません。

従来の地図ナビゲーションサービスにも音声案内は備わっていますが、NTTドコモは「新感覚ナビ」について、目の前の景色にあるさまざまな建物情報を使ってきめ細かに案内するため、地図を見なくても目的地にたどり着ける、とアピールします。また、社会問題になっている「歩きスマホ」を解消する狙いもあります。

なお、「新感覚ナビ」の利用にはdアカウントが必要です。動作可能な端末は、iOS11以上のiPhone・iPad、Android5.1以上のドコモスマホとタブレット、Android6.0以上の他社スマホとタブレットです。

ブラウザで3D表示をするWebGL(ウェブジーエル)に非対応の機種では動作しません。





広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: NTTドコモ
関連キーワード: ai, assistant, docomo, map, mydaiz, navigation, ntt docomo, NttDocomo
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents