Sponsored Contents

iPhone Tipsの最新記事

Image credit:
Save

LINEの「誤爆」を防止するには? 送る相手を間違えてヒヤリとしないテク:iPhone Tips

送る相手をちゃんと確認するのも大切

0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
LINEでやってしまいがちな「誤爆」。友人に送るメッセージを仕事仲間などに誤送信してしまい、冷や汗をかいた経験はありませんか? 送る相手や内容によっては信頼を失う原因となりかねないので、このような「誤爆」は絶対に避けたいもの。そこで今回は、LINEでの誤爆を防止する方法をご紹介しましょう。

Gallery: LINEの誤爆を防止する | 6 Photos

6

背景デザインを変えて誤爆に気付きやすくする

まずは、トークルームごとに背景のデザインを変える方法をご紹介します。LINEには、トークルームの背景を個別に設定できる機能があります。友人は黄色、仕事仲間は緑色といったように、関係性に合わせた背景にしておけばメッセージを送信する前に送り先が違っていることに気付きやすくなるでしょう。

トークルームの背景を変更するには、まずは背景を変更したい人のトークルームを開き、画面右上のアイコンから歯車のアイコンをタップします。

iPhone
▲画面上部の右端にあるアイコンをタップ(左)。歯車のアイコンを押します(右)

続いて「背景デザイン」を選択し、「デザインを選択」をタップしましょう。次の画面で背景のデザインを選んだら、設定は完了です。

iPhone
▲「背景のデザイン」を選択(左)。「デザインを選択」をタップ。下の「アルバム」を選ぶと、「写真」アプリのなかの画像を背景に設定できます(右)

「お気に入り」でビジネスとプライベートを分ける

「仕事仲間にプライベートなメッセージを誤送信するのは絶対に避けたい」と考える人は、「お気に入り」を使うとよいでしょう。家族や友人を「お気に入り」に振り分けることによって「ホーム」画面での区別がつきやすくなります。

相手を「お気に入り」に登録するには、「ホーム」から相手を選び、プロフィール画面の星アイコンをタップしましょう。「ホーム」に戻ると、登録した相手が「お気に入り」欄に振り分けられています。

iPhone
▲相手のプロフィール画面を開き、星のアイコンをタップ(左)。相手が「お気に入り」に振り分けられました。「友だち」欄からよりも簡単に相手を探すことができます(右)

相手をホーム画面に表示させる

頻繁に連絡する相手がいる場合は、標準「ショートカット」アプリを活用しましょう。ホーム画面に表示されたアイコンをタップするだけで、その人のトークルームが開くようになります。すぐにメッセージを送れるほか、間違ったトークルームを開いてしまうというミスを防げます。

それでは、「ショートカット」アプリを開き、「ショートカットを作成」をタップしましょう。続いて「アクションを追加」から「App」を選択します。

iPhone
▲「ショートカット」アプリの「マイショートカット」から「ショートカットを作成」をタップ(左)。「アクションを追加」から「App」を選択します(右)


続いて、LINEのアイコンをタップ。ホーム画面に追加したい人を選びましょう。次の画面では右上の丸いアイコンを押します。「詳細」画面でショートカット名とアイコンを決め、「ホーム画面に追加」しましょう。

iPhone
▲LINEのアイコンをタップし、ショートカットを作成したい人を選択。ここには最近やり取りをした人の名前が表示されます(左)。画面右上の「...」をタップし、次に名前とアイコンを決めてから「ホーム画面に追加」を選びましょう(右)

ショートカット名とアイコンを決めて「完了」すれば設定は終了です。ホーム画面に表示されるアイコンをタップすると、設定した人のトークルームが開き、すぐにメッセージのやり取りができるようになります。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: iPhone, iPhone Tips, LINE, message, Tips
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents