Sponsored Contents

ps5の最新記事

Image credit:
Save

速報:PS5新コントローラは「デュアルセンス」。触感や可変抵抗トリガー、マイク搭載、デザイン一新

HD振動的なやつ

Ittousai, @Ittousai_ej
2020年4月8日, 午前05:45 in ps5
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

ソニーがプレイステーション5のコントローラを初めて公開しました。名称は「DualSense デュアルセンス」。

初代プレイステーションから続いてきた「デュアルショック」シリーズを継承しつつ、デザインも名称も一新した新世代のコントローラです。

主な新機能は、従来の振動を進化させた「触感フィードバック」と、トリガーのテンションをゲームの状況に応じて変更して手応えを感じさせる「可変抵抗トリガー」。

触感フィードバック(Haptic feedback)は、従来の振動の「ブルブル」よりも鋭く高精細に動くことで、ものに触った感覚や、ドライブゲームではタイヤと路面のグリップ感などを伝える機能。ニンテンドースイッチのJoy-ConでいうHD振動のようなものです。

可変抵抗トリガー(Adaptive Trigger)は、L2R2のテンションをゲームから動的に制御できる機能。たとえば弓を引き絞る感覚など、トリガーの抵抗で「手応え」の感覚を与えます。

PS5の新機能テンペスト 3Dオーディオエンジンとともに、ゲームに映像だけではない没入感を与えるとうたいます。

Sony

さらに、新デザインとともに公表されたのは、

デザイン一新。従来のデュアルショックからグリップのデザイン、外装デザインが大きく変わり、カラーも標準でツートンへ。
マイク内蔵。デュアルショック4からのスピーカーに加えて、複数のマイクで声を拾うマイクアレイ搭載。ヘッドセットなしでも気軽に音声チャットできる。
ライトバーの変更。従来はコントローラの奥側にあったライトバーが、タッチパッドの左右になり、より装飾的に。
クリエイトボタン新設。シェアボタン改め「Create」ボタンに。従来のスクショや録画だけでなく、ゲームプレイでコンテンツを作って楽しんだり、共有する機能へ。詳細は後日

Sony


ソニーによれば、デュアルセンスが目指すのは持った途端にゲーム世界に連れてゆかれたように感じさせること、コントローラが体の拡張のように、持っていることすら忘れさせること。

ソニーは3月時点で、開発者向けにプレイステーション5の技術仕様と後方互換機能(PS4互換)について説明していました。

PS5のGPUは最大10.3TFLOPS、SSDは超高速+市販品で拡張可。詳細スペック判明

ソニー、プレイステーション5の後方互換を更新。大多数のPS4ソフトは対応見込み

今回新型コントローラの外観が出てきましたが、本体の外観についてはまだ発表のタイミングを残していることになります。

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents