Sponsored Contents

accessoryの最新記事

Image credit:
Save

自由に形成できる錫プレート「MOBOH」 レビュー

使い方のセンスが問われます

ジュンヤマグチ
2020年5月4日, 午後06:31 in Accessory
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

日進商事がGREEN FUNDINGにて自由自在に折り曲げられる錫プレート『MOBOH』のプロジェクトを実施中です。価格は1個1万5800円ですが、27%OFFなど割引価格で購入できます。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

今回試用する製品は柔軟性に優れた金属「錫」を採用したプレートです。自由に折り曲げることができ、アクセサリーや食べ物などを載せることができます。

Engadget
▲大きさは折り紙一枚分くらい。

想像力の乏しい筆者は「アルミホイルみたいな感じ....?」と勝手に思っていましたが、マットな質感の本物の金属でした。そのシワから独特の気品とビンテージ感が漂っています。

重量は130gと軽さの中にもほどよいずっしり感がありチープさを感じさせません。触った感覚はしっとりとしていて金属であることを忘れそうです。折り曲げて使うなんてことを考えるともう一回り大きいサイズ感でも良かったように思います。

さて、本製品の最大の特徴であるその柔軟性ですが、本当によく曲がり、自由な形に形成できます。ある程度の力をかける必要はありますが、女性や子供でも折り曲げることが出来るでしょう。

簡単に曲げられる本製品ですが、もとの形に戻すには曲げるときよりも力が必要です。それだけ形をちゃんと維持できるということですね。

Engadget
▲こんな感じで握ったとおりに曲がってくれました。余裕で曲げられます。

このプレートを好きな形に折り曲げて使っていくわけですが、思った通りの形にするのはすこし難しいかもしれません。例えば綺麗に受け皿を作ろうと思っても、柔らかすぎるからか歪みが生じてしまいます。それはそれであじがあっていいとは個人的には思いますが、どうしても綺麗に製品を形成したい場合には不向きかと。

Engadget
▲適当に折り曲げて女性もののアクセサリーを入れてみました。

今回はアクセサリーを入れてみましたが、意外といい雰囲気で収まってくれている印象を受けました。マットな質感が、高級感の演出にも日常の風景に馴染むことにも一役買っているのだと思います。


Engadget
▲他にもギターのピックを入れてみました、これはさすがに製品の雰囲気に負けていてるかなあ。

Engadget
▲製品サイトの使用例。こんな風に使いこなしたかったです。

曲げている時間は結構楽しいですね。撮影のためにいろいろ型作りをしようと思っていたのですが、楽しくてついつい時間を忘れてしまいました。

以上、想像以上に楽しい製品でした。何を入れるか、どこに置くか、考え出すと止まらなくなりますよ。この本製品に使われている錫は抗菌性が強く、金属臭もないので食器にも利用可能です。
様々な用途がありますので、どう魅せていくかは、個人のセンスが問われるところですね。

現在『MOBOH』は一般発売されておらずGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング実施中です。価格は1個1万5800円ですが、27%OFFなど割引価格で購入できます。気になる方は是非チェックしてみてください。

GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: accessory, greengadget
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents