Sponsored Contents

CrowdFundingの最新記事

Image credit:
Save

わずかな練習でコード演奏できる「InstaChord」。演奏する楽しさを全ての方に

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
2020年6月4日, 午前11:45 in Crowdfunding
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

誰でもすぐに演奏を楽しめる世界を実現したい。

『INSTACHORD:インスタコード』はたった1分の練習でギターやピアノのようにコードを弾ける、全く新しい概念を持った電子楽器です。電卓のように簡単に弾けて、音楽理論が身につく。
「誰でも、すぐに、演奏を楽しめる世界を実現したい。」そんな開発者の思いから、インスタコードはうまれました。

ギターやピアノでコードを演奏する場合、フレットや鍵盤の押さえ方を覚える必要がありますが、インスタコードは本体の液晶画面にコード記号が表示されているので、押さえ方を覚えなくても画面を見ながら演奏できます。

※今回取り扱うカラーはGRAYのみとなります。

コード進行の法則が理解しやすく作られており、音楽理論を自然に、そして簡単に身につけることができます。

どうして簡単に演奏できるの?動画で解説!

ではなぜ、簡単に演奏できるようになるのでしょうか?その仕組みを、早速動画で説明していきます。ご覧ください!

\インスタコードの楽しみかた/

Case1 ピアノやギターをわずか1分の演奏練習で習得

Case2 コードを学んで、音楽理論を理解する

Case3 コンピューターで楽曲制作を

※今回取り扱うカラーはGRAYのみとなります。

100台に1台無料キャンペーン

今回のクラウドファンディングでは、なんと100支援につき1台が無料になるお得なキャンペーンを行います。「ご支援頂いた支援額を後日、全額キャッシュバック」または、「もう一台をプレゼント!」のいずれかをお選び頂けます。ぜひラッキーチャンスをお楽しみに、この機会にご支援お待ちしています!

Case1 ピアノやギター演奏をわずか1分間の練習で習得

楽器演奏の習得の最初の関門となる「コード」。 C, Am, F ... なんだか難しそうなコード記号、実は1~6の番号に置き換えることが出来るんです!

インスタコードは1~6の番号が割り振られたボタンを選ぶだけで演奏できる、国際特許出願中のインターフェイスなので、楽器が苦手な方でもすぐに演奏を楽しめます。

Case2 コードを学んで、音楽理論を理解する

コードの勉強をしたことのある人なら、I, ii, iii のようなローマ数字表記をご存知だと思いますが、なかなか理解するのが大変。
インスタコードのボタンには、I, ii, iii, VI, V, vi, viiの基本コードが電卓のように配列されています。

キーを変えると、ボタンに割り当てられたコードも変わるので、コード進行を学んだり、相対音感を身につけるのにとても役立つ楽器です。

そして、一番の特長は「スワップボタン」です。このボタンを押すと、メジャーとマイナーが入れ替わり、基本コード以外のコードも簡単に演奏できます。
もちろん7th, maj7 をはじめ、sus4, dim, aug, 6, add9にも対応しています。 ※オンコードは演奏できません

Case3 コンピューターで楽曲制作を

インスタコードはUSB MIDI、Bluetooth MIDIに対応しています。

iPhoneのGaragebandと接続したり、リアルな生楽器のVST音源で演奏したり、ギターのストロークを直感的に打ち込んだり、アルペジエーターに接続して自動伴奏したり、演奏の可能性は無限に広がります。

インスタコードはギターやピアノなど様々な楽器の弾き方が出来ます。

奏法1:Strum(ギターのように弾く)

インスタコードは、ギターのように抱えて、左手でコードを押さえながら、右手でゴムパッドを爪弾いて演奏できます。
右手で爪弾く6個のゴムパッドは、ギターと同じ音が割り当てられているので、ストロークや、アルペジオ、ミュートなどギターと同様に直感的な演奏ができます。

奏法2:HIT(ピアノのように弾く)

インスタコードは、卓上に置いて、鍵盤のように演奏できます。
左手でコードを選び、右手でゴムパッドをピアノの鍵盤のように叩くと演奏できます。6個のゴムパッドには一つ一つ音が割り当てられているので、1音ずつ鳴らすことも、複数の音を同時に鳴らすこともできます。 両手モードでは、ピアノのように左手でボタンを押すとベース音を、右手でパッドを押すとコードを弾くことが出来ます。

奏法3:Press(押さえて弾く)

ゴムパッドを押さえる強さで音量が変わるモードもあります。
管楽器、弦楽器、シンセサイザーの音色を演奏するのに適しています。

演奏できる音

128種類の内蔵音源

インスタコードは、ギター、ピアノなど128種類の音色を内蔵し、高品質なスピーカーを搭載しているので、本体だけでも演奏を楽しめます。

ヘッドフォンや外部スピーカーに接続

ヘッドフォン端子があるので、夜でも1人で静かに練習したり、外部アンプに接続して大きな音で演奏することも可能です。

スマートフォンで音色を無限に拡張

内蔵音源は、普通の電子キーボードと同程度の音質ですが、iPhone、iPad、パソコンと接続して、音色を拡張することが可能です。

インスタコードのこだわり

テクノロジーに頼りすぎないアナログ感

これまでにも「簡単な電子楽器」は数多く発売されましたが、自動伴奏や、光ナビゲーションといった、テクノロジーを駆使しても、私は機械に操られるような感覚を覚えるだけで、演奏を楽しめませんでした。
楽器演奏の楽しさは、自らの意思で音を操るところにあると思います。 そこで、パッドには繊細なアナログセンサーを採用し、弾いた感覚のまま音が出るように調整を重ねました。 インスタコードは簡単に弾けるのに、楽器としてのアナログ感と、音を奏でる楽しさを残した電子楽器です。

電卓のように簡単に弾けて、音楽理論が身につく楽器「インスタコード」は、誰でもすぐに演奏を楽しめる世界を実現したいという思いからうまれた楽器です。

使いやすいデザイン

お子様から大人の方、ハンディキャップのある方も使いやすいよう設計しました。
●「右利きでも左利きでも使えるデザイン」
 ギターのように弦を張り替えることなく使うことができます。
●「みんなが押しやすいボタン」
 手の小さな人も、指の太い人も押しやすいように、 ボタンの大きさ、重さ、ストロークの深さにこだわってデザインしました。
●「コンパクトサイズ」
 インスタコードの長さはA3用紙と同じ42cm。
 ベッドサイドからサッと取り出して弾いたり、リュックに入れて気軽に持ち運ぶことも出来ます。

※今回取り扱うカラーはGRAYのみとなります。

実際に弾いてみよう!

●エイリアンズを指2本で超簡単に弾き語り

キリンジの曲はコード進行が難解なものが多いのですが、インスタコードなら簡単に弾き語りができちゃうんです。この動画で、弾いてみた様子をごらんください。あなたも実際に、やってみたくなるはず。

プロミュージシャンや専門家からの反応

カラー

INSTACHORD:インスタコード GRAY

誰でも楽器を楽しめる時代へ!応援よろしくお願いします

「すべての人が演奏を楽しめる世の中」を実現することを目指して、インスタコードのプロジェクトをスタート。
今後インスタコードの演奏風景や、最新情報を随時更新予定です。
目標金額5000万円達成で、インスタコードをみなさまのお手元にお届けすることができます。
ぜひ、この機会にご支援いただけますと幸いです。
また、オフィシャルYouTubeチャンネルもありますので、ぜひご覧ください。

INSTACHORD YouTubeチャンネル


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: CrowdFunding, greengadget
1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents