ipadpro2021
MySmartPrice

次期iPad Proの噂が最近にわかに活発化しているなか、11インチおよび12.9インチモデルのCADイメージと称される画像が公開されています。

先日の中国サプライチェーン情報では、アップルは3月に新型11インチ/12.9インチiPad Proを発表予定と伝えられていました。今回の画像はそれに続き、いっそう発表が近づいてきた兆しを示すものといえますが、いずれも前モデルからデザイン変更は最小限に留まるとの可能性がうかがわれる内容です。

まず次期11インチモデルの情報は、インドメディアのMySmartPriceから。それによると新型は前モデルと同じ厚みながら「高さと幅から数mmを削られる」とのこと。具体的には245.74 x 176.61 x 5.90mm(現行モデルは247.6×178.5×5.9mm)と述べられています。

またスピーカーの穴を減らして再配置していることから、内蔵スピーカーシステムが変更されている可能性がありそうです。

やはりインドのガジェット情報サイト91mobileは同じ日に、「信頼できる匿名ソース」からとして、12.9インチiPad Pro(2021)のCADレンダリング画像を掲載しています。こちらはサイズやスピーカー周りの変更には触れられていませんが、iPhone 12シリーズと同じくA14 Bionic(ないしバリエーション)チップセットが搭載される可能性が示されています。

より注目すべきは、5G対応オプションもあり、本体上端の電源ボタンには第4世代iPad Airと同じくTouch IDが内蔵される可能性があると示唆されていること(含む場合と含まない場合がある、という表現)。さらにiPad Pro(2021)はアップルブランドとしては初の5Gタブレットになることが期待されている、と強調されています。

次期iPad Proが5G対応になることは、すでに昨年の春にサプライチェーン筋から囁かれていました。さらにはミニLEDディスプレイ(バックライトLEDを微細なものに置き換え、有機ELに対抗できる純度の高い黒や高コントラストを実現しつつ焼き付きにも強いと期待される技術)搭載オプションも用意されると予想されています

またミニLEDディスプレイは、12.9インチのみに限られるプレミアム機能になるとの噂もありました。ともあれ「2021年初めに次期iPad Proが登場」の予測については台湾や韓国のサプライチェーン情報も一致しており、あと1~2ヶ月の間に何らかの動きがありそうです。

Source:MySmartPrice,91mobiles

Via:MacRumors