miniled

次期iPad Proについて様々な予想が飛びかうなか、2021年前半にはミニLEDディスプレイを搭載したモデルが、後半には有機ELディスプレイ採用モデルがリリースされるとの噂が報じられています。

韓国の業界メディアThe Elec報道によると、2021年上半期にミニLEDバックライトを搭載した初のiPad Proが発売された後、後半には有機ELディスプレイを搭載したモデルが登場する予定とのことです。さらにサムスンとLGがすでに「iPhone用と比べて高い仕様」を求められたiPad Pro用の有機ELパネルを開発中とも付け加えています。

ここでいうミニLEDディスプレイとは、従来の液晶+LEDバックライトの構造はそのままに、LEDの分割をより細かくした方式のこと。これとエリアごとの輝度を制御できるローカルディミング技術を組み合わせることで「部分的にバックライト消灯」が可能となり、有機ELのような純度の高い黒や高いコントラストを実現しつつ省電力、かつ有機物質を含まないために焼き付きにも強いことが期待されています。

これまでの新型iPad Proにまつわる噂の多くは「ミニLEDディスプレイ搭載の12.9インチiPad Proが2021年3月頃に発売される可能性がある」と指し示していました。当のThe Elecもそんなメディアの1つではありましたが、新たに「その後に有機ELパネル版が出る」説が加わったかっこうです。

すでに有機ELはiPhoneやApple Watchにも導入され、今度はiPadの番が回ってきても不思議ではありません。有名アナリストMing-Chi Kuo氏はミニLEDがiPad ProのほかMacBookなど4~6つの製品に採用されると予想していましたが、今後はミニLED製品と有機EL製品が並行して投入される可能性もありそうです。

現在のiPad Pro最新モデルは2020年3月に発売されたものですが、2年前のA12Xと物理的には同じA12Zを採用しており、背面に超広角カメラと3D認識用のLiDARスキャナが搭載されながらもマイナーアップデートに留まった感があります。

かたや第4世代iPad Airは最新のA14 Bionic搭載や全画面デザインなど劇的な進化を遂げており、上位機種を脅かす存在になったと見る向きもあります。2021年はiPad Proが「Proらしさ」を取り戻すため、革新的な要素が導入されることを期待したいところです。

Source:The Elec

Via:MacRumors