アップルは世界開発者会議、WWDCを2020年に続き、今年もオンライン形式で開催すると発表しました。参加費は今回も無料。期間は6月7日〜11日。iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの今後の展開について、様々なことが明らかになるでしょう。また、学生を対象にしたSwift Student Challengeの応募は3月30日〜4月18日までとなっています。

アップルが公開した告知ページのトップ画には、メガネをかけたミー文字がデカデカと載ってます。開発者会議なのでスマートグラスの発表があると過度に期待しないほうがいいとは思いますが、ARに関する何かしらの大きな発表があるのは間違いなさそうです。案内イメージはバリエーションがあるようですが、いずれのキャラクターもメガネをしていますね。

Engadget
こちらでは補聴器らしきものも着けています

Engadget

6月までにアップルが新しいハードウェア製品を出さないことはないと思いますし、今年のWWDCも大いに盛り上がりそうですね。速報・詳報はEngadget 日本版にて、どうぞよろしくお願いします。

Source: Apple Newsroom