miniled

アップルは2021年にミニLEDディスプレイへの移行を始めると期待されていますが、それを補強するように「2021年初めにミニLED版のiPad Proが発売される」とのサプライチェーン情報が伝えられています。

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesの記事は、アップルがサプライチェーンを多様化する取り組みに広く焦点を当てているもの。その一環として、Foxconn傘下のGISが「2021年第1四半期に発売予定」のミニLEDを備えた新型iPad Proのタッチパネルを製造する予定だと伝えています。GISはこれまでにもiPad用タッチパネルの主要サプライヤーだった経緯があります。

ミニLEDディスプレイ搭載iPad Proが2021年前半にリリースされるとの噂話は今回が初めてではなく、何度となく伝えられてきました。その意味で目新しくはありませんが、ミニLEDへの移行が予定通りに滞りなく進んでいる続報としては注目に値します。

興味深いのは、「ミニLEDの初採用は12.9インチiPad Pro」との報告が続いていることでしょう。11インチモデルについては有機ELを採用、つまり画面サイズによりミニLEDとの2本立てになるとのディスプレイ専門家の予測もありました。

ミニLEDとは、従来の液晶+バックライトLEDディスプレイの延長上にあり、後者を革新する技術のことです。すなわちバックライトを微小なLEDに分割し、ローカルディミング(部分駆動技術)と組み合わせて「エリアごとのバックライト消灯」を可能とするもの。それにより純度の高い黒の表現や高いコントラスト、省電力を実現しながら、より軽い製品設計もしやすくなり、さらには有機物質を含まないため焼き付きの恐れもないと期待されています。

記事執筆時点では、iPad Pro2021年モデルにどのような新要素が持ち込まれるのかは不明です。第4世代iPad AirがA14 Bionicを採用したことから、GPUコアを増やしたA14X(仮)などが予想されますが、続報を待ちたいところです。

Source:DigiTimes

Via:9to5Mac