miniled
Apple

新技術のミニLEDバックライト画面は12.9インチiPad Proのみ採用されていますが、2022年には11インチiPad Proにも搭載されるとのアナリスト予測が報じられています。

アップルのサプライチェーン情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の最新投資家向けメモによると、「2022年にミニLEDディスプレイを搭載した新製品には、11インチおよび12.9インチのiPad Pro、そして新規設計のMacBook Airが含まれると予測しています」とのことです。

今後のアップル製品にはミニLED付きディスプレイの採用が広がることが確実視されながらも、もっぱら14インチおよび16インチMacBook Proなど大きめの画面ばかり予想されており、小型の11インチモデルに言及されたのは今回がおそらく初めてのことです。

ミニLED画面(アップル公称では「Liquid Retina XDR」)は従来の液晶+バックライトの構造はそのままに、バックライトを微小なLEDに分割してローカルディミング(部分駆動)技術と組み合わせることで、エリアごとの点灯・消灯ができる技術を使っています。

これにより明るい画面や高コントラストが実現されつつも、現状ではローカルディミングゾーン(ミニLEDが分割して配置された領域)が少なすぎるため色にじみなどの問題が避けがたいと指摘されていました。Kuo氏はこの点に触れておらず、2022年モデルの技術は改良されるのか、それとも据え置きのままかは明らかではありません。

またKuo氏メモのうち「2022年に発売される新型MacBook AirにはミニLEDが搭載され、デザインも一新される」との予想は、以前述べたことの繰り返しです。次期MacBook Airについてはプロセッサも新規設計のM2(仮)を搭載し、iPhone 13(仮)用のA15(仮)と同じアーキテクチャとなることでM1チップよりも高速かつ省電力に優れていると期待されています

ますますアップルのミニLED搭載製品が増えていくとも思われますが、その一方ではフラッグシップiPhoneやApple Watchと同じ有機EL画面がiPadにも拡大され、まずiPad Airに採用されるとの噂もあります。ミニLED技術は過渡的なものにすぎず有機ELに統一されていくのか、それともアップル製品のなかで2つの画面技術が共存していくのか、展開を見守りたいところです。

Source:iMore