iPhone
Apple

まだ今年(2021年)版のiPhone 13(仮称)シリーズも発表されていないなか、2022年のiPhone 14(仮)シリーズではTouch IDが復活。合わせて大画面モデルとしては「史上最低価格」となる6.7インチ版が登場するとのアナリスト予測が伝えられています。


この予測を発表したのは、アップルの未発表製品に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏。同氏の新たな投資家向けノートによると、iPhone 14シリーズとしては6.1インチと6.7インチの普及価格モデル2つと、6.1インチおよび6.7インチのハイエンドモデル2つが発売されるとのことです。

つまり、iPhone 12シリーズでの4モデル構成が引き継がれながらも、普及価格モデルでは5.4インチのminiが廃止され、6.7インチの大画面モデルに取って代わられる、という構成です。こうした予測はKuo氏が以前も述べていたことであり、iPhone 12 miniが売上げ不振のため前倒しで生産終了したとの噂とも符合します。


さてKuo氏いわく、iPhone 14シリーズの売上増を後押しする要因は次の3つとのことです。

  1. ディスプレイ下の指紋認証に対応する可能性(アップル独自の技術を使用)

  2. 大型(6.7インチ)iPhoneとしては史上最低の価格(900米ドル(約10万円)以下になると予想)

  3. ハイエンド(Pro)モデルの広角カメラが48MPに強化される

このうちディスプレイ下、すなわち画面下に埋め込むTouch IDは、Kuo氏が繰り返し主張してきたことです。逆に「iPhone 14について」と文脈を限っていることは、今年秋のiPhone 13シリーズでTouch IDが復活するとの予想を否定したとも解釈できそうです。

また、6.7インチのiPhone 14 Max(仮)が900米ドル以下の安さになるとの予想も興味深いところです。ちなみに同サイズのiPhone 12 Pro Maxは1099米ドル〜であり、6.1インチのiPhone 12が799米ドル〜だったことを考えれば、価格としては妥当な印象を受けます。


iPhone 13シリーズの製品名は「iPhone 12s」になる程度のマイナーチェンジに留まるとの説もある一方で、iPhone 14シリーズはパンチホールデザイン(ディスプレイ下に自撮りカメラを埋込み、画面に穴を開けて視界を確保する)を採用するほど全面的にモデルチェンジされるとの予想もあります

5.4インチのminiサイズは2021年モデル以降はしばらく途絶えそうですが、大きな変化を望むのであれば、iPhoneの買い換えは2022年まで待ってもいいかもしれません。


Source:9to5Mac