OLED

最新のM1チップ搭載12.9インチiPad ProにはミニLEDバックライト付きディスプレイ(Liquid Retina XDR)が採用されましたが、来年(2022年)の「一部」iPadモデルに有機ELディスプレイが採用されるとの噂が報じられています。

韓国のサプライチェーン情報業界誌ETNewsによると、アップルは2022年から一部モデルにて従来の液晶画面に代えて有機ELディスプレイを採用するとのことです。今回の記事ではどのモデルかは明記されていませんが、アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は少なくともiPad Airは有機ELにアップデートされると予測していました

アップルは現在、iPhoneのフラッグシップ機とApple Watch全モデルに有機EL画面を採用していますが、iPadやMacなどその他の製品群では引き続き(広い意味での)液晶技術を使っています。それらアップル製品向け有機ELパネルはサムスンとLGが供給していますが、ETNewいわくiPad向けにもこの2社がやはり製造するとのことです。

新12.9インチiPad ProのミニLEDディスプレイは、従来方式より黒の表現に優れるほか、コントラストも改善され、圧倒的に高い輝度も実現しています。とはいえ弱点がないわけではなく、現状のハードウェア仕様では構造的にブルーミング(色にじみ)は避けにくいとの指摘もありました

そうした至らぬ点は新技術の初期にありがちなことで、時間とともに解消されていくはず。まずiPad Proや次期MacBook Proなどハイエンド製品にミニLED画面を搭載してプロユーザーの意見を吸収しつつ機能改善や低コスト化を進め、いずれ無印iPadやMacBook Airなどエントリーモデルにも採用を広めていくのかもしれません。

Source:ETNews

via:MacRumors