格安SIM(MVNO)を展開する日本通信は、20GBが1980円の新プラン「合理的20GBプラン」を2月18日に提供すると発表しました。

「合理的20GBプラン」は、携帯大手3社が展開する20GBが月2980円の新プラン「ahamo・povo・SoftBank on LINE」(povoのみ音声定額を外すと月2480円)に対抗するものです。70分間の国内通話も月1980円の中に含まれており、同じ20GBでも大手3社より1000円安く利用できます。

なお、現在「合理的20GBプラン(今は16GB)」を契約中のユーザーも、2月18日以降は全員が月間データ容量20GBに切り替わります。

格安SIM(MVNO)や楽天モバイルは携帯大手3社に対抗するため値下げを余儀なくされており、20GBで1980円が標準的な料金設定になりつつあります。

Source:日本通信

関連
窮地の格安SIMが「20GBで1980円」を打ち出せるわけ(佐野正弘)