#{Settings.contact.official.service_name}でこのプロジェクトを支援する

ティッシュケースには多種多様なものが沢山ありますが、本革なら置くだけ、掛けるだけでどんな部屋も、どんな場所にも馴染みます。

室内では、圧倒的な高級感を醸し出したかと思えば、アウトドアではひっそりと素朴に味わい深い表情を見せたり。

毎日使うものだからこそ、洗練された本革を。

生活感を解消しながら、お部屋のアクセントに。

車中にティッシュを置くスペースがない…

置いているけど、走行中にあちこち動いてしまう…

そんな悩みも2way本革ティッシュケースが解決。

ヘッドレストにかけておけば、しっかり固定でき、前からも後ろからも取りやすい。

紐の長さが調節できるので、あらゆる車種のヘッドレストに対応できます。

シンプルなデザインで、車種問わずお洒落に馴染むのもポイント。

持ち運びも手軽にできる本革ティッシュケースは、アウトドアにも便利。

車のヘッドレストに掛けておくと、そのまま持ち出すだけで、紐を調節してテントに掛けたり、椅子に掛けたり…

アウトドアに大活躍。

またキッチンペーパーを入れておくとキッチン周りはもちろん、キャンプや野外活動にも便利。

紐は取り外し可能な2wayで、置いても、掛けても使用可能。

紐を付けて部屋の壁に掛けても、外に持ち運びキャンプ時にテントに掛けたり、車中のヘッドレストに掛けたり。

紐を取り外して、仕事場のデスクに置いたり、リビングの机に置いたり。

ちょっとした使い勝手の良さで毎日の生活は快適になります。

車やキッチン、洗面所など『掛けられたら便利』な場所に本革ティッシュケースを。

よく使う場所の空間を楽しむ1アイテムとして取り入れてみてください。


部屋の壁に。


ピクニックに。


洗面所に。


車のヘッドレストに。


リビングに。


キッチンに。


キャンプに。

入れ替える時は、ティッシュを差し込んでボタンを留めるだけ

ソフトパックティッシュや、高さ5.5cmまでのボックスティッシュを入れることができます。

昭和32年創業。家具用革をはじめ、バッグ、ベルト、靴用などあらゆるニーズに合った革作りを行っている『株式会社モリヨシ』。

そのモリヨシのヌメ革シリーズの中から今回は、ヌメアニリンを使用。

ヌメアニリンは硬さがあり、しっかりしているので型崩れしにくい

濡れてもシミになりにくい仕上げを軽く施してあり、安心して使用できます。

経年変化はゆっくりとしていくので、じっくり使い込むとタンニン革本来の味が出てきて、表情が変わってきます。

※一枚革を使用しているため、牛本来が持っている避けられないキズ・シワもございます。そういった部分も余すことなく使用しています。こちらは天然皮革の証とも言えます。ご理解のほどよろしくお願い致します。

ブランド名に込めた想い
cambiareとはイタリア語で『変革・チェンジ』を意味します。母体に株式会社ワイエスを持つcambiare。
株式会社ワイエスは革の一大産地、兵庫県たつの市で西播磨地区の皮革業界を支えている。皮革加工業務を代々受け継ぎ、2012年満を持して皮革加工職人が手掛けるオリジナルブランドcambiareを発足。
革素材から一貫して生産することで、良いものをよりお求めやすい価格で。革の一大産地であるプライドにかけて、本場の情報をより発信していきたいと思います。そして、過酷な作業現場で日々頑張っている皮革加工職人にも一筋の光が当たりますように。。。というキモチを込めて。

私達の住む兵庫県西播磨地区は日本全国に流通されている革素材のシェア70~80%を誇る一大産地です。しかし残念ながらその認知度はまだまだ低くほとんどの方にその事実を伝え切れていません。
この度のプロジェクトを通して1人でも多くの方に日本の革の良さ、日本の革素材を熟知した革職人がお届けする革製品の素晴らしさをお伝えしたいと強く思っております。
日本革職人としての誉れ高きプライドとものづくりに対しての強い探究心を持って今後一層の革素材づくり、革製品づくりに邁進していきたいと思いますので何卒皆様の温かいご支援の程よろしくお願い致します。

リスク・諸注意

※予告無く仕様変更をする場合があります。
※本製品は天然皮革素材を使用しています。革本来が持つ色ムラ、キズ、シワ、血筋等が見られます。また、季節・製作ロットによって色の濃淡が異なります。天然皮革素材ならではの個性としてご理解ください。
※モニター環境により、実際の商品の色合いと異なって見える場合がございます。
※ご支援の数が上回った場合、材料の確保や製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からのご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整える事ができた場合、正規販売価格より下がる可能性もございます。