クリエイター向け31インチ一体型PC「HP ENVY All-in-one 32」発表。NVIDIA RTX Studio対応

写真も動画も3Dもどんとこい

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月30日, 午前 07:30 in desktop
0シェア
FacebookTwitter
HP
HP

日本HPが、クリエイター向けのワークフローを効率よくこなす「NVIDIA RTX Studio」に準拠する、31.5型4Kディスプレイ搭載一体型PC「HP ENVY All-in-one 32」を発表しました。

ENVY All-in-one 32は第10世代のCore i7/Core i9を搭載し、NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER with Max-Q Designの組み合わせにより高解像度な「写真や動画をスムーズに編集」可能。リアルタイムレイトレーシングとAIアシストで40種類以上の主要なアプリケーションの実行に対応し、高解像度動画のリアルタイム編集にもスピーディにこなせるとのこと。

また、HP Audio Stream機能ではBang & Olufsenがカスタムチューニングした2.1chの内蔵スピーカーをスマホ用のワイヤレススピーカーとしても利用可能。スピーカーはAmazonのAIアシスタントAlexaにも対応しています。本体のベース部分にはQiワイヤレス充電機能を内蔵します。さらにスマートフォン/タブレットスタンド付きのワイヤレスキーボードはボタンを押すだけで接続先を切り替えられるマルチデバイス対応となっています。

仕様は、31型 4K IPS液晶を搭載、CPUに第10世代Core i7 10700(8コア16スレッド2.9(最大4.8)GHz、Op:Core i9 10900)。インテルUHDグラフィックス+NVIDIA GeForce RTX 2070/RTX 2080 SUPER with Max-Q Design。16/32GB RAM、ストレージは512GB SSD+2TB HDD/1TB SSD+2TB HDD。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、1GbE。入出力はUSB Type-C ×2 10Gbps(うちひとつはThunderbolt 3対応)、USB Type-A 10Gbps x2、USB Type-A 5Gbps、HDMI入力、HDMI出力、SDカードリーダー、3.5mmマイク/ヘッドホン入出力、内蔵クアッドマイク。720pウェブカメラ、Windows Hello対応のIRカメラ。上下方向への液晶傾斜可能角度は85~115度。

本体大きさは幅720x奥行き214x高さ557mm。重さは約13.8kg。税抜価格は29万8000円~39万8000円。発売時期は7月下旬以降の予定です。

source:HP

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: desktop, Envy All-in-one 32, RTX Studio, Nvidia, all-in-one, PC, HP, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents