Fujifilm
Fujifilm

富士フイルムの100万円超え中判ミラーレスカメラGFX100に向け、ピクセルシフト撮影機能を搭載するファームウェア(Ver.3.00)がリリースされました。このファームウェアは、GFX100が搭載する102MP(1億200万画素)センサーを利用して、さらに高解像度な400MP解像度の写真を作れるようになるのが目玉機能です。

GFX100で撮影できる写真はそのままでも十分に高解像度ですが、新ファームウェアでは撮影時にボディ内手ぶれ補正機能を利用して0.5ピクセル単位でセンサーを動かしながら16枚のRAW画像を撮影。それをPC/Mac用に提供する「Pixel Shift Combiner」ソフトウェアで合成処理することで、400MPという超高解像度な1枚の画像(DNG形式)を出力します。

Fujifilm
Fujifilm

この機能はプロ、アマチュアに関わらずほとんどのユーザーに必要のないものかもしれません。しかし、歴史的な文化遺産や芸術作品のデジタル保存といった目的のためには、1枚の画像でどこまで拡大しても微に入り細に入りその姿を再現できるクオリティが求められます。そしてこのような高解像度画像は、何らかの事情により修復や復元といった作業を行う際の、視覚的資料としても活用できます。

富士フイルムはこのピクセルシフト撮影で生成した400MPの画像によって「ほぼすべてのディテールを忠実に再現」可能だと説明しています。

なお、PetaPixelの解説によれば、生成した400MPの画像データ量はものすごく、JPEG形式にしても200MBを超える容量になりるとのこと。そのため、たとえばAdobe Photoshopで作業をするにしても、かなり重い処理になることは覚悟しておくべきかもしれません。

source:FUJIFILM(1), (2)
via:PetaPixel