ソフトバンクは、スタンドアローン(Stand Alone)方式による5Gの商用サービス(以下5G SA)の提供を、「Airターミナル5」の発売に合わせ、10月から日本で初めて開始しました。

5G SAは、これまで同一のネットワークによる実現が困難だった大容量・超低遅延・多数同時接続の通信を実現するサービスです。

現行の5Gは、既存の4Gネットワークをベースとしつつ、部分的に5Gを展開する「ノンスタンドアロン」(以下5G NSA)と呼ばれる方式で、中核となる「コアネットワーク」は4Gのまま。これにより、5Gの特徴のうち「超大容量」しか実現できていません。一方の5G SAは、5G専用のコア設備と5G基地局を組み合わせた『真の5G』と呼べる構成となります。

5G SAではさらに、通信の用途ごとに帯域幅を細かく制御する「ネットワークスライシング」にも対応。同技術を使えば、『遠隔医療向けには一定の通信速度と低遅延を保証する』『多数のIoT機器と同時接続する』といった帯域幅や低遅延の保証など、企業のニーズに合わせてネットワークをカスタマイズしたプライベート5Gなどの高度な通信機能を利用できます。

また、同社の5G SAは、一つのOS上にコンテナと呼ばれる複数の独立空間を形成し、コンテナ上でそれぞれアプリケーションを動かす「コンテナ」をベースとしたアプリケーションがクラウド基盤上で稼働することで、迅速な容量拡張や新サービスの提供が可能になるといいます。

今後ソフトバンクは、「Airターミナル5」への導入をはじめ、5G SAの特長を生かしたサービスを順次展開予定。また、各企業や外部有識者と連携した「ソフトバンク5Gコンソーシアム」での取り組みを通して、先進医療や自動運転などといった先端分野向けに5G SAを応用する方針です。

Source:ソフトバンク

真の5Gこと『5G SA』、当初は法人特化のサービスに──ドコモ明かす