ソフトバンクは、既存4G基地局を5G化するための新工法を開発しました。これまで6日程度かかっていた工期を、平均して2時間程度へ大幅に短縮します。

同社はコストを抑えながら早期に5Gエリアを拡大するため、4G基地局で使用している既設の支持柱への5Gアンテナの増設を検討しています。しかし、アンテナ増設時の支持柱の強度不足が問題となっていました。

そこで、NEXTWAYが開発した「ポリマテリアル」に着目。支持柱に「ポリマテリアル」を充填して剛性を高めることで、支持柱を新設せずに5Gアンテナの増設を可能にしました。

ポリマテリアルを充填することで、柱の強度は平均して1.37倍、最大2倍に向上し、柱が屈曲することを防ぐとともに、補強用のプレートや接合部にかかる力も軽減できます。

また、「ポリマテリアル」を支持柱の内部に充填する専用の施工用治具もあわせて開発しました。

これまで、5Gアンテナを増設する場合は、既存のアンテナを一度取り外し、新しい支持柱に交換してから5Gアンテナを設置する必要がありましたが、同工法によって「ポリマテリアル」の充填と5Gアンテナの設置だけとなり、工法の簡易化を達成しました。

ソフトバンクは2021年1月より順次、5G基地局のアンテナ設置工事に同施工方法を導入。5Gネットワークの早期拡大を目指すとしています。

Source:ソフトバンク