7月から日本人の渡航も可能になるスペイン、プリペイドSIMで5Gサービスを展開中

2400円で20GB、5Gスマホ片手に高速通信を体験できる

山根博士 (Yasuhiro Yamane)
山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2020年06月1日, 午後 12:30 in 5g
0シェア
FacebookTwitter

新型コロナウィルスの影響が少しずつ収束に向かう中、スペイン政府の観光局は7月から外国人観光客の入国を許可すると発表しました。飛行機がどれくらい飛ぶのか、運賃はどれくらいなのか、ホテルもどれくらい再開するのかなど、コロナウィルス以前とは異なり手軽に渡航できるかどうかはわかりません。また日本に戻ったときも14日間の自宅待機が引き続き継続されているかもしれません。7月まであと1か月あるため、引き続き状況を見続ける必要はあります。

スペインでは5Gサービスが始まっており、Vodafoneなら外国人でもプリペイドSIMを買って利用することができます。この夏にスペインへ行く人は、現地で高速なネットワークを使うことができるというわけです。ただし5G対応のスマートフォンが必要になるのはもちろんです。

筆者は2020年2月、MWC20バルセロナの開催は中止になったものの、会期に合わせてバルセロナを訪問し現地の5Gを試してみました。なおスマートフォンはイギリスで購入した「Galaxy Note10+ 5G」です(5G NRバンドn77対応)。

筆者がロンドンで5GのプリペイドSIMを買った時は、店のスタッフも「5Gのスマートフォン持っている?アンロックされているね」と聞くだけですぐ売ってくれました。一方バルセロナでは店のスタッフに5Gを使いたいというと「プリペイドは5Gは使えませんよ」と言われてしまいました。事前にプリペイドSIMで5Gが使えることは確認していたのですが、現場ではそっけない返事。とはいえ買って試さないことにはわからないとプリペイドSIMを購入。20ユーロ(約2400円)で25GB/月利用可能です。

立ち寄った店はバルセロナの中心、カタルーニャ広場のお店です。店内でパスポートを見せて登録手続きを行い、お金を払った後にプリペイドSIMをGalaxy Note10+ 5Gに入れて電源を入れると、すぐにアンテナピクト部分に「5G」の表記が出てきました。スタッフにこれを伝えると話がややこしくなるので無言で店を後にして、店の前でも5Gをテスト。またカタルーニャ広場周辺もしっかり5Gが利用できました。

BCN5G

バルセロナの5GはMWC開催に合わせて急ピッチでエリア整備が行われたとも言われています。そこでMWCが開催される予定だった「Fira de Barcelona」を訪問しました。ここではバルセロナ滞在中の最高速度、766Mbpsをマーク。1Gbpsには到達しませんでしたが、もちろんこの速度下でYouTubeを見ると快適です。

BCN5G

Vodafoneスペインのサイトにはカバレッジマップが出ています。エリアはすでに面展開されており、エリア内をスマートフォンを持ったまま歩くと5Gが切れず繋がったまま。なかなか優秀でした。カバレッジマップは以下から見ることができます。

Mapa de Cobertura Móvil Vodafone

BCN5G

このFira de Barcelonaへ行くには電車にのるのですが、始発の駅はMWCの旧メイン会場で現在はサブ会場になっている「Fira Montjuic」にあるスペイン広場駅。ここからFira de Barcelonaへ行く電車の駅は地下にありますが、地下駅でも5Gの電波が入りました。このエリアもMWCに合わせて5Gが完備されたのです。

BCN5G

Fira de Barcelonaから市内中心部に戻りがてら、バスに乗ってふとスマートフォンを見てみると移動中でも5Gが利用可能でした。バスの走行速度は速くても時速50kmくらいだったと思います。バスは渋滞もあるでしょうけど、座席に座って高速回線が利用できればストリーミング動画の視聴もより楽しめます。バルセロナに住むのも悪くないなと思わせてくれます。

BCN5G

せっかくなのでバルセロナで最も有名な観光名所、サクラダファミリアへ行ってみました。カバレッジマップによるとここも5Gが使えることになっています。しかし2月の時点では周辺を歩いても4Gのみしか利用できませんでした。おそらく7月にはしっかりと5Gが使えるようになっているでしょう。

BCN5G

この恵まれた環境を使うには5Gのスマートフォンが必要ですが、日本で販売されている端末がスペインでも使えるかどうかはわかりません。現在の5GはNSA方式のため、5Gだけではなく4Gの電波アンカーとして利用します。つまりVodafoneスペインが提供する「5Gと4Gのペア」の周波数に対応する必要があります。スマートフォンのスペックを見て、5G NRの対応バンドが適合するだけでは利用できない場合があるわけです。

バルセロナの5Gの通信速度は下りが500から700kbps、上りが50から100Gbpsでした。屋外でもこれだけの速度が利用できればライブ配信もよりスムースに行うこともできます。日本の5Gの現状から見ると、スペインの状況はうらやましい限り。5Gがいつでもどこでも手軽に使える時代が早くやってきてほしいものです。

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5g, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents