8K腹腔鏡手術システム
国立がん研究センター

国立がん研究センターとNHKエンジニアリングシステムなどの研究チームは11月2日、8K映像をリアルタイムに送受信できる腹腔鏡システムを利用した遠隔での手術支援を行う実証実験を実施し、有用性が確認できたと発表しました。

この研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施していた先行研究で開発された8K映像を送受信できる内視鏡システムをもとに、視野展開や転送遅延などの課題を克服したうえで、実証実験を行ったというもの。

実証実験では、千葉県内に手術室を想定した実験サイトを開設し、動物の直腸切除術の映像を5G回線などを経由して京都のけいはんなオープンイノベーションセンターに送信。外科医3名での手術に対し、遠隔支援がある場合とない場合での内視鏡手術技術の改善度を評価しました。

8K腹腔鏡手術システム
国立がん研究センター

その結果、遠隔支援を加えることで、外科医の内視鏡技術が向上し手術時間の短縮につながることが確認できたとのこと。また、8K内視鏡遠隔手術支援システムの映像伝送は、伝送レート80Mbps、遅延時間約600ミリ秒となり、必要と考えられる速度を満たしたとしています。

今後は、外科医数3名および2名での手術完遂度などを評価し、外科医を1名減らしても質の高い腹腔鏡下直腸切除術が実施できるかどうかを確認していくとのこと。

あくまでも手術自体は現場で行われますが、今後システムが本格導入されることになれば、遠隔地からベテラン医師による「ここ、そこ」といったリアルタイムの指示が行われることで、医師が不足する地方病院などでも質の高い医療が受けられるようになりそうです。

Source: 国立がん研究センター