シャープが120型の8Kディスプレイを発表

HDMI 2.1にも対応

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月9日, 午後 08:45 in 8k
0シェア
FacebookTwitter

シャープは9月9日、120V型8Kディスプレイ「8M-B120C」を発表しました。業務用の製品で9月下旬発売で価格はオープンです。

横2657.2mm×縦1494.7mmの大画面に、素材の質感から風景の奥行き感までリアルに映し出すとしています。「AQUOS 8K」の開発で培った映像技術で、フルハイビジョンや4K解像度の映像を8K情報量に高精細化して表示できるそうです。

HDMI 2.1で規定された8K映像入力に対応しており、8K 60p/4K 120p映像を出力する機器とHDMIケーブル1本で接続可能です。HDMIケーブルを4本使用し、1系統の8K映像を表示する従来の方式にも対応しています。

店舗やショールームなどの商業施設におけるデジタルサイネージのほか、オフィスでの設計図やデザインレビュー用途も想定しています。

source:シャープ


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 8k, sharp, tv, news, gear
0シェア
FacebookTwitter