視覚や聴覚などに関するサポートで、iPhoneをより使いやすいように設定できる「アクセシビリティ」機能。iOS 15では、画面表示とテキストサイズの設定をアプリごとに行えます。一部のアプリだけ文字を大きくすることができて便利です。今回は、アプリごとに画面表示とテキストサイズをカスタマイズする方法をご紹介します。

なお、本記事ではiOS 15パプリックベータ版を用いているため、正式版として公開されるものと画面や手順が異なる可能性があります。

「アクセシビリティ」でアプリごとの設定をする

まずは、カスタマイズしたいアプリを選択していきましょう。設定アプリを開いて「アクセシビリティ」をタップします。一番下にある「Appごとの設定」を選択。

▲設定アプリを開いて「アクセシビリティ」をタップ(左)。一番下にある「Appごとの設定」を選択(右)

「Appごとの設定」画面で「Appを追加」をタップします。アプリの一覧が表示されるので、設定を変更したいアプリを選びましょう。ここでは「メール」を選択します。

▲「Appを追加」をタップ(左)。ここでは「メール」を選択(右)

「メール」をタップすると、画面表示とテキストサイズの設定画面が表示されます。好みに合わせて各機能をオンにします。

▲「メール」をタップ(左)。好みに合わせて各機能をオンにする(右)

メールアプリでテキストサイズを変更したので、確認してみましょう。メールアプリを開いてメール一覧を見ると、件名が太字になり、テキストが拡大表示されます。

▲メールアプリを開いて「全受信」をタップ(左)。件名が太字になり、テキストが拡大表示される(右)

▲メールアプリを開いて「全受信」をタップ(左)。件名が太字になり、テキストが拡大表示される(右)

ほかにも、コントラストを上げたり、色を反転させたりしてさまざまな設定ができるので、よく使うアプリを選択して試してみてください。

Gallery: アプリごとにテキスト設定をカスタマイズしてもっと読みやすく!:iPhone Tips【iOS 15パプリックベータ】 | of 5 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>

※パブリックベータ版iOS 15の画面は、取材に基づく特別な許可を得たうえで掲載しています。