Acer Chromebook Spin 514

Acerは1月7日、同社初となるAMD Ryzen Mobile搭載のChromebook、Spin 514を発表しました。米国では2月に480ドルから発売されます。

AcerはこれまでもAMDチップを搭載するChromebookをリリースしていますが、Ryzen Mobileの搭載はこれが初めて。Ryzen7 3700CとRyzen5 3500Cがラインアップされています。

Ryzen 3000Cシリーズは、AMDが2020年9月に発表した「Zen」ベースChromebook向けCPU。Ryzen7 3700Cと前世代のChromebook向けCPU(AMD A6-9220C)との比較では、グラフィックパフォーマンスが最大251%、オフィス生産性パフォーマンスは差大104%向上するとしており、このCPUを搭載したChromebookは、Lenovoからも発売されています。

そんなRyzen Mobileを搭載するSpin 514は、ディスプレイが背面に回る2-in-1コンバーチブルタイプ。GPUはRadeon Vegaでメモリ最大16GB、ストレージは最大256GB。バッテリー寿命は最大10時間とのこと。

ディスプレイは、タッチ対応の14インチFHD(1920x1080)で、画面占有率は78%。MIL規格に準拠した耐久性を備えており、最大122cmからの落下に耐え、最大60Kgの圧力にも耐えられるとしています。

インターフェースはUSB Type-Cが2つ、USB 3.2 Gen1が2つ、microSDも備え、一部のバリエーションにはHDMIポートも搭載するとのこと。

Acer Chromebook Spin 514

米国では2月に480ドルで発売され、3月には欧州で529ユーロで発売となります。

source: Acer