ActRaiser
Square Enix

任天堂が24日朝に配信した「Nintendo Direct 2021.9.24」にて、『アクトレイザー・ルネサンス』が発表されました。本作は1990年にスーパーファミコン向けに発売された『アクトレイザー』のリマスター版であり、ニンダイでの発表直後にマイニンテンドーストアにて発売され、すでにダウンロードおよびプレイが可能となっています。

もともとの原作アクトレイザーは、エニックス(当時)から発売された横スクロールアクション+街づくりシミュレーションパート入りゲーム。古代祐三氏が手がけた楽曲はスーファミ発売まもない業界やゲーマーらに衝撃を与えました。またシナリオは宮崎友好氏、プログラマーは橋本昌哉氏と、実は初期『イース』シリーズの流れを汲む作品でもあります。

リマスター版でも悪により崩壊した世界で神や天使を操作して人類を繁栄させることに変わりはありませんが、まず古代祐三氏により原作全曲アレンジ+15曲もの新規楽曲を追加。さらに新たな物語/アクションモーション/ゲームシステムのほか、新規アクションステージやクリエイションマップ、さらに強力な新規ボスも用意されています。

またオートセーブや難易度設定などオリジナルにはない親切要素も追加され、難しさの壁やセーブし忘れの壁に阻まれることなく遊びやすくなりました。

アレンジされた楽曲を聴くほどにオリジナル版も恋しくなるものですが、本作ではスーファミ版オリジナル音源も実装。ただミュージックモードで流せるだけではなく、プレイ中にアレンジ版とオリジナル音源とを切り替え可能となっています。

当時から本編のアクションパートもさることながら、やりこみ度が深いクリエイションモードの人気も高かった「アクトレイザー」。そこに神と人々がともに敵の侵略から都市を守り切るリアルタイムストラテジー(RTS)パートや、多数の新規エピソードが追加されたことで、リマスター版もかなりの時間泥棒となりそうです。

Nintendo Switch版のほか、PS4版やSteam版も発売中。どのプラットフォーム版も、すべて3520円(税込)となっています。

Source:My Nintendo Store,Square Enix