Adobe Creative Cloud
Adobe

Adobeは5月4日(現地時間)、Creative Cloudライブラリに保存したアセットをGoogleドキュメントとスライドで直接利用できるようにするGoogle Workspace向けアドオン「Adobe Creative Cloud」を公開しました。

このアドオンは、2020年3月にGmail向けに公開されたのを拡張したもの。GmailではCreative Cloudに保存したファイルを利用したり、Gmailの添付ファイルを保存したりできました。しかし、Googleドキュメントとスライドでは、利用できるのはライブラリ内のアセットやブランドカラーやキャラクタースタイル、グラフィックなどの要素のみとなります。

これを利用することで、Googleドキュメントやスライドにブランドロゴなどを簡単に追加することが可能になります。画像を個別に保存するのに比べ、Creative Cloudライブラリー内で管理することで、いつの間にか微妙にバージョンが違うロゴが出回ってしまうことも防げそうです。

Source: Adobe(1), (2)