Engadget
Engadget

Adobeが、動画編集ソフトPremiere ProのMac版をアップデートをリリースし、アップルのM1 Macにネイティブ対応させました。13インチのMacBook Pro、MacBook Air、24インチのiMac、Mac miniなど、M1チップを搭載したMacでこのソフトを使った場合、そのパフォーマンスは同じ構成のインテル製CPU搭載のMacに対して平均で80%もの高速化を果たしているとのことです。

また今回のPremiere Proアップデートには、インテルベースMacでも楽しめる機能がいくつか含まれています。特に注目されるのは、動画に自動でキャプションを付与できるSpeech to Text機能。対応する10か国語のなかには日本語も含まれるため、テープ起こしやキャプション作成のワークフローにかかる時間や手間が削減できるかもしれません。

Adobeは先月、Illustrator、InDesign、Lightroom ClassicといったソフトウェアをM1チップにネイティブ対応させており、今後もM1チップ対応のAfter Effectsのパブリックベータ版をリリースしていく予定になっています。

Source:Adobe