Adobe
Adobe

Adobeが、フォトレタッチソフトPhotoshopのM1チップ搭載Macネイティブ対応版をリリースしました。既存のインテル製チップ向けをRozetta2を介して使用する場合に比べて、大幅にパフォーマンスが向上したとのこと。

具体的にどれぐらい速くなるかについてAdobeは「当社の内部テストでは、同様に構成された前世代のシステムの平均1.5倍の速度」としています。これが本当なら、体感でもかなり高速化を感じられそうです。


なお、この”内部テスト”は「ファイルのオープンと保存、フィルターの実行、コンテンツに応じた塗りつぶしや被写体の選択といった計算量の多い操作を含む広範なアクティビティ」で比較したとのこと。ほかにもいくつかの操作で大幅な高速化を果たしたとAdobeは自慢しています。

注意が必要な点は、すべての機能でM1対応が完全に済んだわけではないというところ。たとえばクラウドドキュメントの編集に招待する機能、複数デバイスでのプリセット同期など、最新機能のいくつかはまだM1チップ向けの移植が済んでいません。Adobeはこれらの機能がワークフロー的に重要であれば、Rosetta2使用バージョンに戻すことも可能だとしています。


なお、AdobeはMac版と同時に、iPad版Photoshopもアップデートしています。こちらの新機能は、過去60日間に自動保存されたファイルの古いバージョンを参照して元に戻せる「クラウドドキュメントのバージョン履歴機能」と、クラウドドキュメントをローカルにダウンロードして使う「オフライン編集機能」の2つ。なおオフライン編集機能に関しては、ストレージを圧迫したくない場合はオンラインのみに設定することもできます。

そのほか、Adobe CameraRawプラグインでは(M1チップとは関係ないものの)ワンクリックで10MPの写真画像を40MPの画像に変換する超解像技術をリリースしています。この機能は「まもなく」LightroomとLightroomClassicにも提供するとのこと。

こうした機能は近年のAI技術によって進歩が著しく、薄曇りの空を簡単に快晴にしたり、写真を著名画家などの作風に変換するニューラルフィルターなどとしてPhotoshopに提供されています。

Source:Adobe