Adobe Photoshop Lightroom

米アドビはカンファレンス「Adobe Max」にて、Photoshopの新しいオブジェクト選択ツール「ホバー選択」や、Lightroomの新しいマスク作成機能を発表しました。

Photoshopで余計なオブジェクトを消したり、あるいはエフェクト効果をかけるために必要なオブジェクトの選択作業。しかし不要な部分まで選択されてしまったり、あるいはオブジェクトの内側が選択されなかったりと、なにかとフラストレーションの溜まる作業でした。

しかしPhotoshopのホバー選択では、マウスカーソルをオブジェクトの上に移動させるだけで、AI「Adobe Sensei」が自動で境界を判断してくれるのです。マウスカーソルでポチポチと非選択部分を潰すよりは、はるかに生産性が向上することでしょう。またオブジェクトの検出が完全でなかった場合には、従来どおりの長方形、またはなげなわモードでのドラッグが利用できます。

さらに、レイヤー内のすべてのオブジェクトのマスクをワンクリックで作成できるようになりました。オブジェクト選択ツールの「レイヤー/全オブジェクトをマスク(ベータ版)」コマンドで、簡単に複数オブジェクトのマスクが作成できます。

Adobe Senseiと機械学習による「ニューラルフィルター」の新しいフィルターとして、風景の季節や時間帯を変えられる「風景ミキサー」、参照画像のカラーを手元の画像に適応できる「カラーの適用(ベータ版)」、任意のレイヤーのエレメントのカラーとトーンを別のレイヤーのものとマッチさせる「色調和(ベータ版)」も発表されています。

Lightroomの新機能にも、AIと機械学習を利用した「被写体を選択」が追加されました。画像のように人物や物体などを簡単に選択しマスクできるこの機能では、スマートフォンのような画面が小さなデバイスでの編集作業で威力を発揮します。

「空を選択」でも、同じようにワンタップでの選択が可能です。従来は手間のかかった被写体や空が自動で選択できることで、作業時間の短縮が期待できます。

その他にも、Lightroomコミュニティによって作成されたプリセットから被写体に応じて最適なプリセットを提案する機能、自分の編集した写真をコミュニティで共有したり、他のメンバーに別のアプローチで編集を試してもらう「コミュニティリミックス」、三分割法や黄金比など切り抜き枠のアスペクト比を選択してオーバーレイ表示する機能が発表されました。

内容盛り沢山なPhotoshopとLightroom新機能ですが、なによりPhotoshopでのホバー選択はインパクト大。すぐにでも機能を試して作業の効率化をすすめたいものです。

Source: Adobe 1, 2