iAEON

何とかPayにまた新顔──といいたいところですが、イオンが2021年9月1日に提供を始めた「iAEON」アプリは、単なる決済アプリではありません。

具体的には、全国のグループ店舗のレジでバーコードを提示してコード決済「AEON Pay」を利用したり、会員用のコードをレジで提示して「WAON POINT」をためたりできるなど、グループ内の複数サービスがひとつのアプリにまとまっているのが大きな特徴です。また、おサイフケータイ対応端末であれば、「モバイルWAON」 を用いた決済が可能なほか、お気に入りの店舗から配信される、クーポンやキャンペーンなどの情報を確認できます。

イオンは、「今後、支払手段の拡充や各社が提供するアプリ・サービスの連携など、機能を随時追加する。また、段階的に登録できる店舗の拡大を進めるなど、グループ全体の共通のタッチポイントとして、進化させていく」とコメント。

そのうえで「イオンはリアル店舗とデジタルの融合を進め、9月11日以降のイオンカードの支払いで付与されるときめきポイントを WAON POINT に共通化するなど、グループで有するデータの連携と活用、生活基盤の提供に必要となる共通のデジタル基盤の構築に取り組む」としています。

ただ、コンシューマの立場から考えると、スーパーイオンだけでなく WAON が使えるイオングループのコンビニ「まいばすけっと」との共通アプリの登場を切に願いたいもの。また、ドラッグストアのコンビニ化にとどまらず、コロナ禍で需要が増す “EC x キャッシュレス” の新たな取り組みなど、今後の動向に期待したいところです。

■ iAEONアプリのイメージ

iAEON

iAEON
iAEON
▲ 対応OSは Android 5.0 / iOS 11.0 以降を搭載した端末。なお、アカウント認証に携帯電話番号を用いるため、050から始まる電話番号と、SMS受信不可端末は登録できない


iAEON