Engadget

Amazonプライムデーは6月22日23:59まで実施中です。本記事ではおすすめのセール対象製品をご紹介しています。商品によっては数量制限や時間制限がありますので、売りきれにご注意ください。

AfterShokz Aeropexが6,000円 (30%)OFFの13,998円にて販売中です。以降は過去に掲載した弓月ひろみさんのレビューをお届けします。

AfterShokz Aeropex(Amazon)

※記事内で紹介されるAftershokz OpenMoveはセール対象ではありません。

●自粛太りを解消!ランニングはじめました

自粛太り解消のため、日々運動中のライター、弓月ひろみです。昨今のリモートワークで太った体をNintendo Switchで鍛えて、約2か月。毎日続けた甲斐もあって、体力が付いてきました。そろそろ、ステップアップかなと思っていたところ、毎日10km走っている仕事仲間から「弓月さんも、そろそろ、走ってみたら?」とアドバイスが。Nintendo Switchで自信がついてきたし、やってみるか…と、ランニングに挑戦することになりました。

筋トレ嫌いでもNintendo SwitchとApple Watchでモチベーションを保ってダイエット

●ランニングのお供は骨伝導ヘッドフォン「AfterShokz」

ランニングを始めるために、用意したのは骨伝導ヘッドフォンAfterShokzシリーズ。

ランニングなど、運動時にテンションを上げるため音楽を聴いている方は多いでしょう。ただ、耳を塞ぐタイプのイヤホンは、車や自転車、歩行者の接近に気づきにくいデメリットがあります。AirPodsのように外部の音声を取り込めるワイヤレスイヤホンもありますが、運動時、大きく動いた時に落とす不安があったり、汗をかいて耳の中が不快になることもあるでしょう。その点骨伝導ヘッドフォンなら、耳を塞がず、外部の音を聴きながら運動できます。

AfterShokzは米国テキサス州オースティンに本社を持つ骨伝導ヘッドフォンのパイオニア。毎年CESでも大規模なブースを構えて、新製品を発表している人気のブランドです。なお、日本ではフォーカルポイント株式会社が販売代理店です。

私は、日常的にAfterShokzシリーズを愛用しているのですが、今回は最上位モデルと、高コスパモデルの2機種を比較のためお借りしました。

【Aeropex(エアロペクス)】

Engadget

AfterShokzシリーズ 上位モデル

価格: 13,998円 (プライムデーで30%OFF)

重さ26g

連続再生8時間(待機時間最大10日間)

着脱簡単なマグネット式充電ポート

チタニウム製ヘッドバンド

防水防塵性能 IP67(深1mでの30分の水没耐久)

マイク付きで通話が可能

ルナグレー、コズミックブラック、ブルーエクリプス、ソーラーレッドの4色

AfterShokz Aeropex(Amazon)

【OpenMove(オープンムーブ)】

Engadget

1万円を切る、高コスパモデル

価格: 9999円

重さ29g

連続再生6時間(待機時間最大10日間)

USB-C充電ポート

チタニウム合金製ヘッドバンド

防水防塵性能 IP55

マイク付きで通話が可能

スレートグレー、アルパインホワイト、エレベーションブルー、ヒマラヤンピンクの4色

OpenMove(Amazon)

どちらも、丸い部分が頭蓋骨に響かせるための骨伝導部分。右側にコントロール部があり、後ろはネックバンドのように一体化したモデルとなっています。骨伝導を選びたいけれど、ランニング用にはどちらが最適か、ちょっと迷ってしまいそうですよね。実はこの2機種、重ねてみると、かなり形状が違うことがわかります。

Engadget

外側がOpenMove、内側がAeropexです。骨伝導部分のサイズや、耳掛け部分のカーブのデザインが大きく異なるのがお分かりいただけるでしょう。

Engadget

特に耳掛け部分は、柔らかさが違います。

Aeropexのほうが、しなやかで可動域が広いため、フィット感が高めです。

AfterShokz Aeropex(Amazon)

OpenMoveはコントロール部を耳の上部で支える仕様なので、耳が小さい人だと、ちょっと重たさを感じるかもしれません。一方Aeropexは耳後ろで支えていますね。

Engadget

後頭部は、どちらもそんなに変わりません。

Engadget

続いて、ボタン部の比較です。AfterShokzシリーズのコントロール部は、基本右側です。音量のプラスボタンで電源のオンオフ、長押しでペアリングモードになる仕様はどちらも同じ。「AfterShokzへようこそ」のキュートなアナウンスも変わりません。ただし、充電方式はそれぞれ異なります。

Aeropexは、専用ケーブルのマグネット着脱式。OpenMoveは、USB-Cケーブルの差し込み式です。専用ケーブルを増やしたくない、全部USB-Cでまとめたいという人にはOpenMoveがおすすめです。

同梱品はつぎの通り。

Engadget

Aeropex。シリコンのポーチと専用ケーブル、耳栓。

Engadget

OpenMove。巾着袋とUSB-Cケーブル、耳栓。

Engadget

Aeropexのシリコンポーチはマグネットの開閉式で自立します。リッチな感じがあって良いですね。

さてここからは実際に、それぞれを装着して走ってみた感想です。

Engadget

【装着感】

・メガネ+マスクがあっても、どちらも装着可能。

・フィットするのは断然Aeropex。違和感もなく、付けているのを忘れられる。

・帽子を被るならAeropexが最適。帽子の上からでも装着できる。

【操作感】

・Bluetoothのペアリングが速い。AirPodsなど、別のイヤホンを使っていても切り替えがスムーズ。

・OpenMoveのほうが、コントロール部が大きく、物理ボタンが離れているため、走りながらの操作が楽。

【音質】

・どちらも骨伝導ヘッドフォンとしては非常に良い音質。音漏れも少ない。

・Aeropexのほうが、低音量でもはっきり聞こえる。(電池の持ちにも影響する為、大事なポイント)

2つを比べた結果、私物として使いたい!と選んだのはAeropexでした。

何故なら、ランニング初心者だからこそ、装着アイテムに気を取られてしまうため。フィット感を重視したのです。こちらのほうが、少々値段は張りますが、1時間走っている最中、走った後でも、顔周りに違和感がありませんでした。スポーツを頻繁にする人なら、Aeropexがオススメです。

とはいえ、USB-Cで充電できる気軽さと1万円を切る価格のOpenMoveの魅力も捨てがたいものがあります。はじめての骨伝導ヘッドフォン&日常使いとして買うなら、OpenMoveが良さそうねすね。

なお、どちらもマイク機能があり、通話も可能なため、オンラインミーティングなどの日常使いにもぴったりです。ただし、ランニングよりミーティング!という人には、話すことに特化したモデル「OpenComm」がありますので、そちらをオススメします。

AfterShokz Aeropex(Amazon)

●合わせて使うと効果抜群!フィットネス音声ガイドアプリ「Beatfit」

最後にオススメをもう一つ。骨伝導ヘッドフォンを付けて走っている間、何を聴いているのかというと、アプリ「Beatfit」のプログラムです。

Beatfitは音に特化したフィットネスアプリ。画面を見なくてもプロのトレーナーが耳元でガイドしてくれるので、運動やランニングに集中できます。初心者の私がランニングするのに最初に選んだのは、KOTONE先生の「ダンシング・ラン」でした。

Engadget

△かかる時間やカロリー、走る距離が表示されます。人気の洋楽に合わせてテンポ良く走れます

プログラムをスタートさせると、「今日も頑張っていきましょう!」という挨拶から、人気の洋楽が再生され、そのテンポに合わせて「ワンツー、ワンツー!」とカウントしてくれたり、「前をまっすぐ見て、お腹を引き締めて、足を長いイメージで」など、フォームを指導してくれます。

自分だけで走ると、体が温まる前にスピードアップしてしまったり、テンポに合う曲を探すのが難しく、長距離走れないのですが「トレーナーさんの言う通りに走れば、記録が伸びている」という仕組みになっているので、頑張れるんですよね。

ランニングは1人だと、辛くしんどいもの…というイメージだったのが、このアプリのおかげで楽しく取り組めています。最早、骨伝導ヘッドフォンとBeatfitなしでは、運動できそうにありません。

Engadget

△初心者向けの短めのコースや、早歩き、パワーウォークを含むクラスもあります(左)。記録を伸ばしたい方、ランナーの先輩方にオススメのクラス。知人はこれで「疲れず記録が伸ばせた」と感動していました(右)

ランニングだけでなく、筋トレ、ヨガ、ストレッチ、マインドフルネス、格闘エクササイズなど、500を超えるクラスがあります。私は起きてからのストレッチや、走る前の骨盤のメンテナンス、ランニング後のクールダウンにも使っています。正直、こんなに続いたフィットネスアプリはコレだけ。月額1100円なので、コンテンツのサブスクとしては高く感じるかもしれませんが、ジムの会員費なら月額5000〜1万円ほどですから、効果としてはコスパ良し、なのではないでしょうか。

関連リンク:Beatfit

人生ではじめてのランニングで8km、1か月で数字を伸ばし、時間のある時は1日10kmちょっと、ない時でも週2-3で4-5kmずつは走れるようになってきました。テクノロジーの力をフルに活用したダイエットで、体脂肪率も-5%と効果もあがっています。

これから、アクティブに活動できそうな春がやってきますし、皆さんも是非、一緒に体を動かしましょう!

プライムデーではAfterShokz Aeropexが6,000円 (30%)OFFの13,998円にて販売中です。

AfterShokz Aeropex(Amazon)