Anut21ng via Getty Images
Anut21ng via Getty Images

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、咳を聴かせるだけで(他に症状がなくとも)新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認可能なAIを開発しました。ウイルスによって発生する咳の微妙な変化認識するのだとか。

最近の日常生活では、マスクをしていないひとをみかけるとなんとなくあまり近づきたくないと思う人も多いことでしょう。まして咳をしていようものならすぐにでも離れたいはずです。しかし、その咳がただの喉の不調や普通の風邪(それも近づきたくはありませんが)だと事前にわかれば、多少は安心かもしれません。

MITの研究者らは、ウェブサイトやスマートフォンを通じて募集した数万以上もの(抑えきれずに出てしまう)咳と普段の会話のサンプルを使ってAIモデルを鍛えました。そしてそれまでに聴かせていない咳のサンプルを与えたところ、自覚症状がないものの新型コロナウイルスに感染している人の咳と、それ以外の咳を98.5%の確率で正しく判別できたとしています。

この研究チームは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック発生以前は咳や会話の様子から肺炎や喘息を診断するAIを鍛える研究をしていました。また、声の力強さを聞き分けることで神経学的な声帯の衰弱に関連するアルツハイマー病の兆候を検出するAIモデルの開発も行っており、新型コロナウイルス感染が拡大し始めたとき、感染者に一時的な神経性の筋障害といった神経症状が出る報告が増えて来たことから、研究中のAI技術を応用して新型コロナウイルス感染を区別できると考えました。

まず手始めに、いろいろな声帯の強弱に関する音を区別できるようAIを鍛え、さらに第2のAIとして会話における感情の状態を区別するAIをトレーニングしました。これはもともとアルツハイマー病や神経系の問題による筋力の衰えがある場合に感情表現が乏しくなる傾向があるのを検出する研究のためでした。そして3番目のAIとして肺と呼吸のパフォーマンスの変化を識別するため、咳の音声データベースを使って強化したニューラルネットワークをオーバーレイすることで、新型コロナ感染の区別を可能としています。

このAIは新型コロナ感染の診断に用いられるような技術ではありません。他にも咳を引き起こす病気はあり、このAIが診断したからと言って新型コロナ感染を断定するのは難しいでしょう。とはいえ、ユーザー自身がその可能性を疑うときに検査を受けるかどうかを検討するスクリーニング目的で利用することができるはずです。

研究者らは、このAI技術を用いた、より扱いやすいアプリの準備を進めています。咳が出るとき、毎日それをスマートフォンに聴かせることで、自分が外出しても大丈夫かを判断できます。さらに研究者は、アプリでユーザーの毎日の咳や会話を常にリスニングしておけば、異常が現れたときにすぐわかるとして、パンデミックを終息させられる可能性を示唆しました。ただ、そこまでやるとプライバシーの問題が絡むことは忘れてはいけません。

source:MIT News