ソニーが撮影用ドローン「Airpeak」の実機を公開しました。オンライン開催中のデジタル見本市 CES 2021のプレスカンファレンスで披露されました。

「Airpeak」は、フルサイズミラーレスのαシリーズカメラを搭載できる機体として、世界最小クラスをうたう撮影用ドローンです。AIロボティクス技術を活用し、ダイナミックかつ緻密で安定した飛行が可能。αシリーズカメラを使った高画質な空撮映像を実現します。

なお、ソニーの吉田憲一郎CEOによると本製品は『冒険的なクリエーター』向け。ソニーは2020年11月に撮影用ドローンの開発を表明し、ユーザーからフィードバックを得る目的でサポーターの募集を行っていましたが、今回のCESで実物が公開されました。

この「Airpeak」は2021年春にプロ用映像制作機器として発売予定。価格は未公表です。「Airpeak」で撮影した映像も公開されており、ソニーのEV「Vision-S」になめらかに追従しながら、ダイナミックなアングルで映像を撮影している様子が確認できます。

Source:ソニー