AirPods Pro WWDC21
Apple

開発者イベント WWDC21 で、アップルが AirPods Pro の新機能「会話強調」(Conversation Boost)を発表しました。

軽度の難聴がある人のために、AirPods Pro のビームフォーミングマイクと音響処理機能を使い、正面で話している人の声を強調して聴き取りやすくする機能です。

AirPods Pro WWDC21
Apple

会話強調のオンオフに加えて、環境騒音の低減レベル、左右のバランス等もすばやく調整できるようになります。

アップルのフルワイヤレスイヤホン AirPods Pro は複数のマイクを搭載しており、周囲の騒音を抑えるアクティブノイズキャンセリングや、着けたままでも周囲の音が聴こえる「外部音取り込み」、通話時に自分の声をクリアに伝えるノイズ抑制を実現しています。

新機能の「会話強調」は、この複数マイクと音響処理性能を正面の声に特化させて、聴き取りの補助に役立てる仕組みです。

会話強調は iOS 15の新機能として、一般ユーザー向けにはこの秋に正式提供となる見込み。

このほかiOS 15で提供される AirPods Pro の新機能としては、AirTagのように「探す」ネットワークにフル対応し置き忘れても地図上で探したり音を鳴らして探す機能、置き忘れ時に iPhone の通知で警告するセパレーションアラームもあります。

なおアップルの聴覚補助アクセシビリティ機能としては、iPhoneなどを集音器としてイヤホンに音を送る「ライブリスニング」機能にはすでに対応しています。

関連記事:

5分でわかるWWDC21まとめ。iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」発表