AirPods Pro 2

第3世代AirPodsが今年(2021年)後半に発売されるとの噂が伝えられたばかりですが、次世代AirPods Proが来年(2022年)に登場し、「革新的な」健康モニタリング機能などを搭載するとのアナリスト予測が報じられています。


これはアップルの未発表製品に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が、最新の投資家向けノートで述べたことです。大手メディアBloombergも、2022年にAirPods Pro 2(仮)が発売され、フィットネス・トラッキングに重点を置くとの見通しを伝えていました。

合わせてKuo氏は、近い将来には完全ワイヤレスイヤホン(TWS)市場での競争が激化するなかでAirPodsの新モデルが登場しないことを理由に、アップル製ヘッドホンの2021年内の出荷台数予測を7000~7500万台へと引き下げています。

ただしBeatsブランドの「Studio Buds」が最近発売されたことで、AirPodsの売上が減った一部は相殺されると述べられています。Beats Studio Budsは、先月半ばに発売されたばかりの無線イヤホンです。

Kuo氏いわく「AirPodsは高価格で、アップル製品のユーザーをターゲットとし、技術革新とエコ体験を提供して付加価値を高めることを目指している」のに対して「Beatsは低価格で、アップルおよびアップル以外のデバイスユーザーをターゲットとし、出荷数または市場シェアを増やすことを目的としている」とのことです。

つまりAirPodsはアップル製品ファン向けのプレミアム製品として、Beastブランドは安価さを武器にAndroidユーザーも惹きつけるという棲み分けを示唆している模様です。


そうした点はコントローラーチップにも表れており、Beats Studio Budsはアップル独自のH1チップではなく、MediaTek製チップを採用していることが判明しています。Kuo氏によれば、これにはAndroidデバイスとの互換性を高めるほか、開発期間の短縮やコストの削減、AirPodsとの差別化などのメリットがあるとのこと。

今回の試みが上手く行けば、将来のBeats製品でも自社製チップよりMediaTekのソリューションをより重視するかもしれないと述べられています。


これまでBeats製品はW1やH1といったAirPodsシリーズと同じチップを搭載しており、価格面でも差別化が見えにくい感もありました。それがMediaTek製に置き換えられることで、より安さが強調されつつAndroidスマートフォンとも連携しやすくなる一方で、相対的にAirPodsの高級感が増していくのかもしれません。

Source:9to5Mac,Gizmochina,AppleInsider