AirPods Pro
Billy Steele / Engadget

アップルのワイヤレスイヤホンAirPods Proの次世代モデルが2022年内に発売されると目されている昨今ですが、同機はロスレス音源の再生に対応し、専用充電ケースは(ユーザーが探せるよう)音が出せるなどのアナリスト予測が伝えられています。


ウワサの発信源は、アップルの未発表製品に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の投資家向けメモです。それによるとAirPods Pro 2(仮)は「一新されたフォームファクターデザイン、Apple Lossless(ALAC/アップル独自の可逆圧縮方式オーディオコーデック)フォーマットへの対応、ユーザーが追跡できる音を発する充電ケース」など数々のセールスポイントを備え、2022年第4四半期に発売されるとのこと。

これまでAirPods Pro 2に関しては、Beats Fit Pro(日本では2022年発売予定)のようにステム(持ち手部分の軸)が短いデザインや「革新的な」健康モニタリング機能が搭載されるなどの噂が伝えられてきました。が、「ロスレスに対応する」との予想は、おそらく今回が初めてのことです。


ちょうど、アップルの音響担当副社長ゲイリー・ギーブス氏が、AirPodsにとってBluetoothはボトルネックとなっており、より広い帯域幅が使える無線通信規格が欲しいとぼやいていた直後のことです。

ギーブス氏は音質には言及しなかったものの「頭を動かしたときに発生するレイテンシ(待ち時間)の長さも重要です」など、Bluetoothの限界に不満をほのめかしていました。

秘密主義で知られるアップルの幹部が、社内で開発中の新技術を明かすことはあり得ません。それだけに「AirPods開発の責任者がBluetoothの制約を認識している」と示すことで、さり気なく未発表製品への期待を誘っているとも深読みできそうです。


そして「音を発する充電ケース」も見逃せない点でしょう。現行のAirPods ProとAirPods Maxは(ファームウェア更新により)「探す」ネットワークに対応していますが、存在感の塊のようなAirPods Maxはともかく、小さなAirPods Proの充電ケースは周囲のモノに紛れ込みやすく、「だいたいの位置」が分かってからも中々見つからないことがあります。

ケース自体が(アプリの指示などにより)音を出すようになれば、探す時間がかなり節約できるはず。


またKuo氏は「AirPodsは将来的に健康管理機能をサポートする可能性がある」とも述べており、次世代AirPods Proに「革新的な」健康センサーが搭載される見込みがいっそう高まったかっこうです。

さらにKuo氏は、AirPods Pro 2は2022年内に1800〜2000万台も出荷されるとの、楽観的な見通しを示しています。もしもワイヤレスイヤホンでロスレス対応、しかも健康の維持に役立つともなれば、現行のAirPods Proを超える大ヒット製品になるかもしれません。


Source:9to5Mac