Appleの紛失防止用スマートタグ「AirTag」。よく持ち歩くものに取り付けておけば、iOSデバイスの「探す」アプリからその位置を確認できるというものです。

Apple「AirTag」(Amazon.co.jp)

使い勝手や仕様についてはこれまでに掲載している記事をご確認いただくとして、ここではバッテリー交換のやり方について解説してみたいと思います。上の動画も合わせて確認してみてくださいね。

関連記事:

満を持して登場した「AirTag」の価値。10億台のiPhoneが追跡してくれる安心感と盤石のプライバシー保護(本田雅一)

AirTag実際に使ってみた。セットアップは超簡単、小銭入れにもすっぽり(石野純也)

Appleの落とし物トラッカーAirTag実機レビュー 動画で使い方を解説

AirTag

まずはアップルのロゴマークが付いている金属部分を反時計回りに回し、カバーを取り外しましょう。

AirTag

すると、ボタン電池が現れます。これを新しいものと交換すればOKです。

AirTag

ボタン電池の型番はCR2032。コンビニなどでもよく見かけるタイプなので、入手しやすいと思います。

パナソニックCR2032 2個セット(Amazon.co.jp)

AirTag

ボタン電池を交換したら、逆の手順で元に戻していきます。金属カバーには爪があるので、位置を合わせるように閉じましょう。

AirTag

カバーを閉じたのち、金属部分を時計回りに回すとロックが掛かります。これでバッテリーの交換は完了です。

AirTag

なお、Appleによれば、バッテリーは1年以上持つとのこと。また、AirTagのバッテリー交換タイミングをお知らせしてくれる機能も備わっています。

AirTag(Amazon.co.jp)

関連記事:

5分でわかるAppleイベントまとめ