忘れ物防止タグAirTags(仮)はiPhoneイベントで発表ナシ、2021年3月に延期のウワサ

まだ忘れ物できないかも

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年10月10日, 午前 11:55 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
AirTags

アップルが10月14日午前2時(日本時間)から開催するスペシャルイベントではiPhone 12(仮)シリーズの他に新製品が発表されると予想されています。そんななか、発表が確実との声もあった忘れ物防止タグAirTags(仮)はイベントで姿を見せず、発表と発売は2021年3月まで延期されたとの噂が伝えられています。

まさにスペシャルイベントの時期を的中させたばかりのJon Prosser氏は、情報源に聞いた話として「アップルはAirTagsの発表と発売を2021年3月まで繰り延べた」とツイートしています。以前、同氏はiPhoneイベントでAirTagsも同時発表されると示唆していたこともあり、「ハートが傷ついた」と失望ぶりを述べています。

アップル純正の忘れ物防止タグAirTagsは1年以上前から噂されており、最初のきっかけが2019年9月のiOS 13ベータ内に手がかりが見つかったことでした。その後、アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も2020年末までに数千万台が出荷されると予想し、アップル自らが公式動画で「AirTags」の名前を出してしまったことがあります。

このAirTagsはカギや財布などにつけてiOS等の「Find My」(探す)から見つけやすくするアイテムであり、昨年iOS 13やmacOSに導入されたオフライン検索機能(Bluetoothビーコンを使用)に対応と予想されています。

またAirTagsにはiPhone 11シリーズに搭載されたU1チップ、すなわちUWB(超広帯域)チップが搭載され、屋内でも10cm以内の位置検出ができるほか、ARインターフェースから仮想ピンマーカーで表示できると見られています。つまりはTileなどの探し物トラッカーと直接競合する位置づけであり、実際に噂が報じられた直後にTile製品がアップル直営店から撤去されたとの証言もあります。

再びAirTagsが遠ざかっていく感もありますが、Apple Watch Series 6にもU1チップが採用されたことから、アップルが長期的には「探し物エコシステム」構築を計画している可能性は高いはず。気長に続報を待ちたいところです。

Source:Jon Prosser(Twitter)

Via:9to5Mac


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, AirTags, U1, UWB, find my, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents