AKG Ara

現在はサムスン傘下となったオーディオブランドのAKGから、廉価な新型USBマイク「Ara」が海外発表されました。

2019年にはAraの上位モデルに相当するUSBマイク「Lyra」を発表していた、AKG。Lyraのスペックはサンプリングレートが24ビット/192Hzで、集音方向が異なる4種類の録音モードが利用可能となっています。

今回のAraはコンデンサー方式のUSBマイクで、パソコンやスマートフォン、タブレットに接続しての録音が可能。本体にはヘッドホン出力を備え、前面にはボリュームコントローラーも搭載しています。

Araではカプセルマイクアレイが4基から2基に減少しており、録音モードもフロント/フロント&バックの2種類だけに。また、サンプリングレートは24ビット/96Hzとなっています。ただし、ストリーム配信などに利用するなら十分なスペックです。

Araの販売価格は99ドル(約1万1000円)で、公式サイトにて販売中。最近はストリーム配信だけでなく、リモートワークやリモート会議でマイクを使う機会がぐっと増えています。そんな中、パソコンやモバイルデバイスのUSBポートに接続するだけで利用できるAraのようなUSBマイクは、ますます出番が増えることでしょう。

Source: AKG